山口夢Official Blog

物書き(小説家・シナリオライター)の山口夢です。

祖父に買ってもらった懐かしのおやつ──たべっ子どうぶつビスケット──

最近のおやつ。みんな大好き「たべっ子どうぶつビスケット」。

f:id:yumeyamaguchi:20210301223014j:image

これ、子供の頃大好きだったんですよ。祖父との思い出の味です。

 

祖父母の家へ行くと、祖父はいつも自転車に私を乗っけて近所をぐるぐると回ってくれていたのですが、「何かおやつを買おうか??」という祖父に、私はたいていこの「たべっ子どうぶつビスケット」をリクエストしていました。

あるいは「なんにも要らない」(笑)祖父には「欲のない子だ」と言われいたらしいですねぇ……今では欲まみれですが(笑)『そもそも恋は欲だらけ』っていう漫画の原作を書いているくらいですから(笑)

f:id:yumeyamaguchi:20190329225106j:plain

sp.comics.mecha.cc

読んでね!!!!!!

 

──閑話休題

 

確か、大学生になった頃、原稿執筆のお供に夜食ならぬ夜おやつを食べていた時期があって、懐かしさからたべっ子どうぶつビスケットを選んだところ、「味変わった! しょぼん!!! こんなの私の知ってるたべっ子どうぶつじゃない!!」とショックを受けたのですが、それはどうやら単に別の味を食べてしまったようで……。

oshihaku.jp

今回、改めてたべっ子どうぶつを食べてみて、「そうそう、この味だよ!! あれ!?!?!?」と思ったところから調べると、味の種類がたくさんあり、なおかつ、昔食べていたバター味は、タイトルどおり「何十年も変わらない味」だったそうです。(※おそらく、私が大学生の頃に食べたのはメープルバター味っぽい)

昔と変わらないたべっ子どうぶつビスケットを食べたことによって、祖父との思い出が、近ごろ詳細によみがえってきたような気がします。

 

自転車で近所をぐるぐるしていた時、左右で瞳の色が青と緑のシベリアンハスキーを見掛け、祖父とふたりで「すごいねぇ!」と興奮したこと。

庭いじりが趣味だった祖父のお手伝いで、泥だんご(※苗木の根っこを包むヤツ?)を大量生産していたこと。

大学で映画を専攻した私に、子供の頃には映画館の近くに住んでいた祖父が、今や現存していない古い映画の話を、さっき観たかのように詳細に語ってくれたこと。

 

大正生まれなのに身長180cm以上ある大柄で、お腹が前に出っ張っていて、いつも笑顔で何よりお酒が大好きな──亡くなったあとに遺品を整理していて、書き残された文章により、文才のあったことが判明した、建築士の祖父でした。

今、お酒が大好きでシナリオライターという仕事に就いている私は、祖父の遺伝子をいくらか継いでいるようです。

 

思った以上に英単語の勉強になり、

f:id:yumeyamaguchi:20210301223022j:image

(※「LYNX」とか「MACAW」って何!? とか思うよね)(※答えは「オオヤマネコ」と「コンゴウインコ」)

6袋1パックで約220円、1袋131kcalって最高じゃないですか!? カルシウムとかDHAも入ってるらしいよ!?!?

 

なくなる前に2パック目を再購入。しばらくは、原稿のお供にたべっ子どうぶつビスケット食べる予定です。

 

f:id:yumeyamaguchi:20190502211148j:plain

f:id:yumeyamaguchi:20200803213503j:plain

f:id:yumeyamaguchi:20200803213522j:plain

f:id:yumeyamaguchi:20190502211144j:plain

 

www.yumeyamaguchi.com