山口夢Official Blog

物書き(小説家・シナリオライター)の山口夢です。

【ひとり旅備忘録】麒麟がきたので、明智光秀ゆかりの土地を回顧してみる

NHK大河ドラマ麒麟がくる』、先週からいよいよ始まりましたね。

 

ワタクシ、それなりに歴史が好きなもんで、大河ドラマは毎年楽しみにしております。特に、ここ数年は我が家の録画機器が進化いたしまして、見逃すことも滅多になくなりました。すごく嬉しい。

さて、今年の『麒麟がくる』、主人公は皆様ご存じ明智光秀

実はワタクシ、毎年恒例になっている誕生日ひとり旅で、明智光秀の故郷・岐阜県明智を訪れたことがあるのです!! もう3年前かな??

f:id:yumeyamaguchi:20200126191941j:plain

 

現在の明智は、町がまるごと「大正村」というテーマパークになっております。

f:id:yumeyamaguchi:20200126192028j:plain

大正時代、明智は生糸の生産で莫大な儲けを得て、当時の東京に匹敵する設備を構えていたのです。その貴重な資料を、これまた貴重な当時の建物等に分散させて展示しているのが、「大正村」というワケですね。

 

私は現在絶賛準備中のミステリー作品『うっかり探偵の大正事件録(仮)』の執筆/作画資料を得るために、大正村を訪れたのですが、


うっかり探偵の大正事件録(仮) プロト版ティザームービー

「大正村」以外のことはロクに調べず明智へと向かったもんで、実際に訪れてから、「明智明智光秀の生誕地」ということを知りました。完全なるリサーチ不足ですね(笑)

 

ま、私のポンコツっぷりは置いといて、1度知ってしまったからには、大正時代の資料だけではなく、明智光秀についての名所・名跡も訪れたいと思ってしまうのが、欲張りさんの心情というもの。

行きましたよ、明智光秀ゆかりの場所。

2020年の大河について、何も発表されていない時期でしたけど。今から考えると、やっておいてよかったですね、光秀巡り。

 

そんな私の思い出を、皆様にもおすそ分け。

 

ほいっ、明智光秀出生の地!!

f:id:yumeyamaguchi:20200126194135j:plain

ほほいっ、明智光秀が植えたとされる楓の木!!

f:id:yumeyamaguchi:20200126194315j:plain

そんでもって~~~~っ、ほほほいっ!! 明智城跡地!!

f:id:yumeyamaguchi:20200126194440j:plain

 

この明智城跡地に関していえば、マジで跡地!!

f:id:yumeyamaguchi:20200126194557j:plain

跡地へと続く道も、人ひとりがようやく通れるような山道でした!!

f:id:yumeyamaguchi:20181207225356j:plain

平日の昼間は人とすれ違うこともなく、私は「完全なる神隠しフラグ」だと思って山を登ったんで、ひとりで行くことはオススメしません(笑)蛇にも遭いました。

(※その時の詳しい様子は、以下をご覧ください↓↓)

blog.yumeyamaguchi.com

この山道の途中には、若かりし頃の明智光秀が学んだとされる建物もございます。

旅行した当時は、その建物のあたりでUターンしときゃよかったと思いましたが、『麒麟がくる』を観るようになって、「今や単なる荒れ地だけど、昔はこんなお屋敷が建っていたかもしれないんだなぁ」といったような想像が広がって、より楽しく、興味を持って大河ドラマを鑑賞しております。

 

やはり、興味の赴くままに旅先を味わい尽くして帰ることが、旅の醍醐味でありマナーですね。山中で冷や汗を掻いたことも、今ではすっかりいい思い出です。

 

麒麟がくる』を観て、明智光秀ゆかりの地を回ってみたくなった方も、大正時代に興味のある方も、ぜひ岐阜県明智へ──

約1日で町をまるっと観光できるくらいの広さです。1日100円で借りられるレンタサイクルもあるため、私のように免許のない人間にも優しい土地でした。

 

旅はいいですね。歴史もいいですね。

旅とは、その土地の歴史を辿り、味わうものですから。

 

いいなぁ、旅をしたくなってきました。

美味しいご飯と美味しいお酒、素敵な出会いが私を待ってるよぅ。

遠くへ行きたいよぅ。(※現在執筆中につき、現実逃避)

 

f:id:yumeyamaguchi:20190502211148j:plain

f:id:yumeyamaguchi:20190502211152j:plain

f:id:yumeyamaguchi:20190502211144j:plain

 

www.yumeyamaguchi.com