山口夢Official Blog

物書き(小説家・シナリオライター)の山口夢です。

埋葬とは究極の愛の形であるー『ミイラー「永遠の命」を求めて』展①ー

国立科学博物館で開催中の『ミイラー「永遠の命」を求めて』展に行って参りました。

f:id:yumeyamaguchi:20200121232939j:image

図録も買ったよ。

f:id:yumeyamaguchi:20200121232955j:image

何を隠そう(隠してない)私は小学生の頃から生粋のミイラオタク。

『ミイラ』展という名のついた特別展、私以外の誰が行く?? って話ですよ。行くんですよ。

 

もうね、最高でした。

 

詳しくはまた後日。

しかしながら、埋葬は気候風土に左右され、気候風土は文化を形づくり、文化は宗教や信仰の土台であって、宗教や信仰は一種の愛の形。

 

つまるところ、埋葬は究極の愛である。

 

……という考えが、また一段と強くなりました。

埋葬に手間をかけるのは人間のなせる技であって、なかでもミイラにはひときわ手間が掛かっており、死者に手間を掛ける行為は、他者から死者へ施せる、最後の愛であるワケです。

 

ま、自然乾燥のミイラもいるんだけどね。

 

楽しかった楽しかった。

ここのところ〆切続きで疲れ果てていた脳に、いい刺激を与えることができました。

2月末までやってます。

 

皆様も、究極の愛の形をその目で確かめてみては???