山口夢Official Blog

物書き(小説家・シナリオライター)の山口夢です。

体はダイエット、脳みそは肥満が理想

今日は1日中、資料としての書籍を読んでおりました。

 

それというのも、近ごろ絶え間なく執筆しているということもあり、脳が疲れてきたということもございますが、何よりキーボードを打ち過ぎて、手の指がまるまる10本突き指をしたような状態になってしまいまして。

ま、よくあることなのですが、当然のごとく、痛いと集中力を欠く。

実は今もブログを書きながら、指が地味に痛くてしゃーないのです。

突き指って地味に痛いじゃないですか。「あいたたたたっ、あーーーーーもう痛くて会社休みますっ、救急車呼びますっ」ってほどじゃないけど、じりじり痛くて腹が立つ。

今、そんな感じ。

 

ってなワケで、脳を休ませる意味もあって、今日はひたすら資料を読むに徹しました。

 

読了したのは、

https://www.amazon.co.jp/大正時代-記録を記憶に残したい-山口-謠司/dp/4198645272

https://www.amazon.co.jp/大正時代を訪ねてみた―平成日本の原景-皿木-喜久/dp/4594038069/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&keywords=%E5%A4%A7%E6%AD%A3%E6%99%82%E4%BB%A3%E3%82%92%E8%A8%AA%E3%81%AD%E3%81%A6%E3%81%BF%E3%81%9F&qid=1576247050&s=books&sr=1-1

……の2冊。

 

いつもは「なんちゃって」ながら速読をするのですが、今日は読み飛ばしなし。じっくり読み込んで1日にして計2冊は、私としては速いほうです。

それだけ、この2冊は読みやすくて面白かった。

 

読書はいいですね。

特に仕事の資料として本を読む時は、脳みそにガバアッと大きな口ができて、知識をむしゃむしゃむさぼり食っているようなイメージで読書をしております。

本はいつだって脳の栄養。貪欲に食っていきたい。

 

人間、誰しも成長の過程で、「いつか自分も死んでいくんだ」ということを自覚し、時にそれを忘れ、また思い出し……を繰り返していくものだと思うのですが、私がそのあたりを最初に意識したのは15歳の時。

それが早いのか遅いのか、そこのところはよく分からないんですけど、その頃、書店に立ち寄った時、棚に並ぶ膨大な数の書籍を見て、「私はここにあるすべての本を読まずに死んでいくんだなぁ……」と気づいてしまい、人の一生の短さと儚さを思い知ったのでした。

私はきっと、世界のすべての1%も知らずに死んでいくんでしょうね。

 

悔しいなぁ。

 

もしかすると、私は、「世界のすべての1%も知らずに死んでいく自分」に少しでも抵抗したくて、本を読んでいるのかもしれません。

いや、いや、いや。

何より、純粋に読書は楽しい。自分の知らない世界に触れるのは楽しいのです。

 

もうずっと読んでたい、脳みそを知識でぱんぱんに太らせたい。

今日はとっても幸せでした。

 

「カルピス」の語源とか、「仁丹」が今の世のなかにも受け入れられているキッカケとか、日本映画の父と言われる牧野昭三のとんでもエピソードとか、昭和天皇の可愛らしい逸話とか。

 

ああ、やっぱり、たとえ100年生きたとしても、この世界の1%も知らずに死んでいくのが悔しいなぁ。すごく、悔しいなぁ。あの世にも本はあるかなぁ。

 

ちなみに、

f:id:yumeyamaguchi:20191213235416j:plain

今日の成果。いっぱい印をつけましたね。偉い。

 

f:id:yumeyamaguchi:20190502211148j:plain

f:id:yumeyamaguchi:20190502211152j:plain

f:id:yumeyamaguchi:20190502211144j:plain

 

毎日恒例の宣伝を挟みまして。

 

実は、読書をしながら部屋のなかをぐるぐる歩いて、体はダイエット・脳みそには過分に栄養を与えていたワタクシ(笑)

外見はナイスボデー、中身は知識の塊なんて、まるで理想じゃないか。頑張りたいね。 

 

www.yumeyamaguchi.com