山口夢Official Blog

物書き(小説家・シナリオライター)の山口夢です。

「てめぇ、ぶっころしてやる!」(※ドラえもん)に共感する漫画原作者

そろそろ連載を始めて1年になりますが、

f:id:yumeyamaguchi:20191129233009j:plain

sp.comics.mecha.cc

(買ってね!!!)(※主張が強過ぎるカッコ)

 

実際に連載をやってみて分かったんですけど、連載というものは、相反する己との戦いを繰り返すものなんですね。

 

たとえば、

 

「ヤベーッ、こんなとこで終わったら次が気になっちゃって仕方ねぇよ!!」的、読者目線の私

VS

「エンディングでこんなに期待値上げちゃったら来月どうすんだよ」的、原作者の私

 

それから、

 

「この最高に起伏のある展開を推し進めたい」という構成重視の私

VS

「このキャラクターはこんな言動をするだろうか」と悩むキャラ重視の私

 

あとは、

 

「こんなエンディングにしやがった先月の自分許すまじ」な今月の私

VS

「私がこんなに苦しんだんだから来月の私も苦しめばいいさ」な今月の私

 

……結果、毎月「ぐぎぎぎぎぎ」と苦しむことになります。

この感じ、何かに似ていると思ったらアレですね。

ドラえもんてんとう虫コミックス第5巻「ドラえもんだらけ」ですよ。

「やろう、ぶっころしてやる!」っていうアレ。

「やろう、ぶっころしてやる」の画像検索結果

matome.naver.jp

未来のことを考えず、困難を先へ先へと繰り越して、結局自分の首を絞めるこの感じ。

先々月くらいの自分が今ここに来たら、私も「やろう、ぶっころしてやる!!」って追い回してしまうかもしれない(笑)

なんなら、このエピソード好き過ぎてクリアファイル持ってるからね。

f:id:yumeyamaguchi:20191209220527j:image

f:id:yumeyamaguchi:20191209220533j:image

f:id:yumeyamaguchi:20191209220537j:plain

すごいよね、レイヤーで分割されてるクリアファイル。最高。

 

藤子先生も、連載で悩んじゃった結果「てめぇ、ぶっころしてやる!」を思いついたのかな?? とひらめいたけど、『ドラえもん』って一話完結だった。

一話完結の連載はまだやったことないなぁ、大変なのかなぁ。

 

ま、今のところいろんな自分と毎月衝突しておりますが、結局は「来月の自分を一番苦しめる選択肢」を選びがちなんで、来月の私よ、どうか苦労してください。

今月の私も元気に苦しんでおります(笑)

 

f:id:yumeyamaguchi:20190502211148j:plain

f:id:yumeyamaguchi:20190502211152j:plain

f:id:yumeyamaguchi:20190502211144j:plain

 

毎日恒例の宣伝を挟みまして。

一応大好きな仕事だからね、苦しむのも楽しいのさ。毎日順調。

 

そして、いつもいつも来月がギャンブル(笑)出るか、アイデア

 

www.yumeyamaguchi.com