山口夢Official Blog

物書き(小説家・シナリオライター)の山口夢です。

婚活市場という棚に載って売れるのは如何なる商品か??(みたいな話)

近ごろ寒くなってきましたね。

暑いのも寒いのも苦手だし、スギ花粉にも弱いし……で、基本的には秋しかエンジョイできる季節がないのですが、このところ気候が変わって夏即冬のような日々の移り変わりで、寂しさを感じている山口です。

でも、冬は料理の作り置きができるからね。

f:id:yumeyamaguchi:20191105193830j:plain

夕食は作り置きがメイン。また、朝食用として、

f:id:yumeyamaguchi:20191105192941j:plain

鶏団子とキャベツのスープも仕込んだので、このところ毎朝がとっても幸せ。

毛布の全身を包み込むような愛も好きだけど、体の奥底からじんわり染みるような愛を感じさせてくれる朝食のスープも素敵ね。どっちかなんて選べないわ。

 

……馬鹿なこと言ってらぁ。

 

ところで、私が創作ナルシストであることは、このブログをマメに読んでくださっている方たち(※いるのか!?:笑)にはだんだんと周知の事実になってきていると思われますが、

blog.yumeyamaguchi.com

基本的に、私は私という人間自体も、別に嫌いではありません。

 

しかし、一方で、非常に欠点が多いことも自覚しているため、私は私自身の欠点も含めて私自身を愛することができるけど、他人に対して「私の欠点をも愛してくれ」とは言い難いほどに欠点が致命的なので、このまま独りで生きていくことを覚悟しつつある……という、かなりややこしく何かをこじらせている独身なのです(笑)

個人で楽しむ分にはそこそこのクオリティではあるが、商品にして売ることはできない、みたいな。趣味の域を出ない何か、なんですよ。

たとえば、「婚活市場」という言葉が存在するけれども、私はその棚へ載せるに至らない品と言いますか、これがスーパーなら、棚へ載せる前に弾かれるべき欠陥品である自覚はかなりあります。こんなこと胸を張って言うこっちゃないんだけど(笑)

 

趣味を仕事にしているような私自身が、趣味のような人間っていう。

 

こんな話を25年来の親友(既婚)にしたところ、「そんなことないよ~、夢ちゃん料理できるし十分だよ!」と励まされました。

──が、「長所が料理しかない時点でダメだろ」と面倒な返しをする、欠点が顕著に表れている私。そして、それに対する親友の返答が、

 

「ウケるwwww」

 

いや、ウケてないで(笑)そこはもう1つ2つ長所を付け足すところでしょうが!! 文脈的に!! とかなんとか、面倒な一面をさらにこじらせたんだけど。

 

25年来の親友でさえ、「料理」しか長所が出て来ない人間ですが、とりあえず朝食に温かいスープのひとつくらいはこさえることができます。

 

……

…………

………………

 

長所、弱くね??

f:id:yumeyamaguchi:20190502211148j:plain

f:id:yumeyamaguchi:20190502211152j:plain

f:id:yumeyamaguchi:20190502211144j:plain

 

毎日恒例の宣伝を挟みまして。

ま、この世に欠点のない人間なんていないんだから、「婚活市場」という棚に限らず、就活でもなんでも、欠陥品のまま棚に載り、そのうえでいかに自分を効果的に宣伝するか、ということが大事なのかもしれないけどね。

要は、己をいかに魅力的な商品に見せるか、その演出力が試される世の中なのでしょう。Twitterやブログ等のSNSも、すべては魅せ方によるからね。大変な世の中だね。一億総ディレクター時代だよ。YouTuberなんて、その最たるものだもんね。

令和の世はディレクション能力がなかったら生き残っていけないのかもね。怖いね。

 

ま、私は長所を打ち消して余りあるほどの欠点保持者なんで、魅力的な商品を装う術もないんだけどね。残念だね。

 

……えっ?? なんで急に婚活の話なんかしたのか、って??

近々結婚する予定もないし、相変わらず独り身人生爆走中ですが?? 理由がまったくない、ワケでもないかもしれないよね??

まあ、理由がなくなるかもしれないけどね(笑)まだ、あとちょっと、しばらく待ってて。

www.yumeyamaguchi.com

お題「朝ごはん」