山口夢Official Blog

物書き(小説家・シナリオライター)の山口夢です。

出産祝いにぴったりな絵本5選―ただし、私個人の趣味による―

先日、友人の出産祝いのために、絵本を買った話を書きましたが、

blog.yumeyamaguchi.com

本日、友人に絵本をプレゼントしてきました。

 

↑↑の記事では、「このブログを友人も読んでいるから、購入したタイトルの公表は避ける」と申しておりましたが、それも今日までのこと。無事、解禁です。

今回、購入した絵本は5冊。

 

まず、友人からのリクエスト1冊目『いないいないばあ』松谷みよ子・文、瀬川康男・絵、童心社
www.doshinsha.co.jp

これは友人が子どもの頃に好きだった1冊で、私は今回、書店で初めて読みました。

いろんな動物の表情が、「いないいないばあ」の掛け声とともにコロッと変わります。

帯には「ほんとうにこどもがわらいます」の1文が。

0歳~読めるような雰囲気で、ファーストブックにはもってこいの1冊だと思いました。

 

お次も友人からのリクエスト。みんな大好きぐりとぐら(中川李枝子・作、大村百合子・絵、福音館書店

www.fukuinkan.co.jp

ぐりとぐら』は、子どもの誰もがとおる道。私も繰り返し読みました。

大きな卵で作る黄色いカステラが美味しそうでねぇ……そして、みんなが「懐かし~!!」と声をそろえる、卵の殻で作った車!!

あれは子どもの憧れですよ。

今回調べてみて初めて知ったのですが、作者の中川先生と作画の大村先生は姉妹でいらっしゃるんですね。

日本中の子どもに夢を与え続ける『ぐりとぐら』を生み出してくださった中川・大村両先生には、ベストシスター賞を差し上げたいところです。私に何がしかの力があれば(笑)

 

3冊目は、これまたみんな大好きはらぺこあおむしエリック・カール作、偕成社

www.kaiseisha.co.jp

はらぺこなあおむしが、いろんな食べ物をもぐもぐ食べて、大きくなって、ちょうちょになる可愛らしいストーリー。

意外なことに「0歳~」というポップがついていて、その理由が、ぶ厚くて硬い紙で作られた「ボードブック版」を購入したのですが、小さい子が投げても何しても破れない仕様なんですね。

その発想はなかった。

私はだいぶ大人しい子どもだったらしく、よだれかけもほとんど使わず、遊び食べもしなけりゃ紙をビリビリにすることもなかったようで、絵本でもなんでも、かなり綺麗な状態で、今でも残ってるんですよ。

丈夫な紙で絵本を作るって、大事なことなんですね。また1つ賢くなりました。

カラフルな『はらぺこあおむし』の世界を、0歳~ぜひ楽しんでもらいたいと思っております。

 

さて、4冊目は『14ひきのぴくにっく』(いわむらかずお作・童心社

www.doshinsha.co.jp

この「14ひきシリーズ」は、完全に私のチョイス。

子どもの頃、叔母がくれた14ひきシリーズの「あさごはん」「ひっこし」「やまいも」が本棚にあり、ねずみの大家族がほのぼのとしたタッチで描かれているこの絵本が大好きで大好きで、結構な年齢になるまで読んでたんですね。

豊かな自然や美しい動植物の絵もさることながら、「木の根っこのところにドアがあって、そのなかにみんなで暮らしている」というような「秘密基地っぽさ」が、子どもの頃の私にとっては、ひそかな夢だったんですよ。今読んでも、ちょっとワクワクする。

今回は、自分の持っていた3冊ではなく、あえて「ぴくにっく」を選びました。いちばんカラフルで、たとえまだ話の内容が分からなくても楽しいかなぁと思いまして。

でも、これはもうちょっと大きくなってから読む本かな?? 成長した子どもちゃんの感想が楽しみです。私のイチ押しなんで、気に入ってくれたら嬉しいのだ。

 

そして、最後は『なにかな? なにかな? ドラえもん藤子・F・不二雄原作、小学館

www.shogakukan.co.jp

私も友人も大のドラえもん好きで、生まれたばかりの子どもちゃんにも、今から英才教育をして、立派なドラマニアになって欲しいと思っている私たち(笑)

探してみるとあるんですね、ドラえもんの「ファーストブックシリーズ」。

今回はシリーズ第2弾の「なにかな?」をプレゼントしました。

これがまあ可愛い。めちゃくちゃ可愛い。

ドラちゃんが、四次元ポケットから「りんご」やら「かえる」やら、いろんなものを出してくれるんです。

これなら子どもちゃんも果物や動物の名前を覚えながら、ドラえもんのことをきっと好きになってくれるであろうと!! ってか、好きになろう!? マニアになろう!?(※本人の意思は保留)

とりあえず、ママである友人はとても喜んでくれました(笑)

 

今回プレゼントしたこの5冊および同シリーズ、出産祝いとしてはなかなかにオススメでは!? 絵本のプレゼントに迷ったら、このなかの1冊をチョイスすれば、間違いはないように思います。

よかったら、何かの参考にしてください。

 

f:id:yumeyamaguchi:20190502211148j:plain

f:id:yumeyamaguchi:20190502211152j:plain

f:id:yumeyamaguchi:20190502211144j:plain

 

毎日恒例の宣伝を挟みまして。

子どもちゃんには絵本を、そして、ママである友人には、ちょっとしたサプライズプレゼントで、デカフェの飲み物をおまけにつけました。

私の知人に、お茶やコーヒーに詳しい人が結構いて、デカフェのコーヒーはタリーズのものを、

www.tullys.co.jp

さらに、ノンカフェインの代表格・麦茶は一保堂のものをプレゼントしました。

shop.ippodo-tea.co.jp

どちらも、その道に詳しい人の太鼓判。

数は少ないですが、こちらもデカフェをお求めの方の参考になればと思います。是非に。

www.yumeyamaguchi.com