山口夢Official Blog

物書き(小説家・シナリオライター)の山口夢です。

憧れの人と同じ方法で頑張ってみるが吉―アイデアの練り方―

考えることがたくさんある。

 

今日の夕方までは、確かにあの世のことばっかり考えてたんだけど(笑)、

blog.yumeyamaguchi.com

環境設定ばかりを考えているワケにもいかないから、重要なストーリー部分の構想に入っています。

 

短編小説の構成3本、ゲームの企画2本、漫画のプロット4本分、漫画の企画最終段階1本、漫画の企画書最低5本……??

 

えっ、最低計15本!?

 

いやぁ……私の脳みそ干からびちゃうんじゃない?? 大丈夫?? 我ながら仕事断らないマンが過ぎるかな……。

まあ、たぶん大丈夫なんですけど(笑)

設定も構成も考えるの大好きなんでね、いくらでもどんと来いって感じですよ。

イデアが尽きないことだけが、この仕事をやっていて唯一の強みのようなところがありますんで。

逆に、アイデアが出なくなったら、物書きも辞め時って感じになるんだろうなぁ……なんて、そんな日は永遠に来ないことを願っています。

唯一の強みがなくなっちゃうよ。

 

ところで、私がアイデアを考える時、とりあえずはひたすらメモりメモり、途中で詰まったら、今度はひたすらお散歩するようにしています。

それがね?? 一昨日まで、横溝正史著『病院坂の首縊りの家』を読んでたでしょ??

blog.yumeyamaguchi.com

その上巻のあとがきに、雑誌『宝石』編集長の永瀬三吾氏の文章が転載されていて、

横溝正史先生はいつも歩きながら構想をまとめる方である。そのため執筆となると病臥中でも起きて歩く。ところが雨が降るとそれが許されない(後略)」

──横溝正史病院坂の首縊りの家』あとがき 

という記述がありましてね。

 

私は至極単純で単細胞にできている人間なんで、憧れの先生と似たようなクセがあるとなると、俄然嬉しくなっちゃうんですよ。嬉しいですね。

病気の時でも起きて歩けるかどうか、そこは怠け者なんで定かではありませんが、構想を練る際にはせっせとお散歩したいと思います。

 

さて、関東にも台風が来ますね(笑)

(※温帯低気圧に変わったけど)

 

f:id:yumeyamaguchi:20190502211148j:plain

f:id:yumeyamaguchi:20190502211152j:plain

f:id:yumeyamaguchi:20190502211144j:plain

 

毎日恒例の宣伝を挟みまして。

雨が降っちゃたら仕方ないんで、今日までにまとめたアイデアを、明日はお家でおとなしく企画書に起こす予定です。

頭のなかに思い浮かんだアイデアが、一瞬で企画書になったらいいのにねぇ(※最後の最後で面倒くさがり:笑)

www.yumeyamaguchi.com