山口夢Official Blog

物書き(小説家・シナリオライター)の山口夢です。

あなたの読みたかった小説が読みたい―原田宗典『劇場の神様』―

珍しく、著者がまだ生きてる本を読み始めました(笑)

f:id:yumeyamaguchi:20190702084043j:plain

原田宗典著『劇場の神様』

 

原田先生の本は高校の頃から愛読していて、「原田先生といえば!」でお馴染みのエッセイはもちろん、小説もできる限り読んできました。

学校の行き帰りに乗る電車のなか、それから授業の合間の5分休み、私の高校生活は、原田先生の作品とともにあったと言っても過言ではありません。

図書室にいっぱい置いてあったんだよね、なぜか。司書さんの好みだったのかな。

とにかく、15年前からたくさん笑わせてもらってるし、とても勉強させていただいている作家先生です。

これまでに触れてきた作品が「私」という人間を育ててくれているのなら、原田先生の作品は、確実に私の血となり肉となっているのだと思います。栄養にしちゃってる感じが、非常に申し訳ないんですけども。

 

ところで、この『劇場の神様』。

何年も前に1度買って、収録されている短編『ただの一夜』を読み、そのあと引っ越しか何かでなぜか1回紛失して、再度購入し直してるんですよ。

で、また『ただの一夜』を何度も読んで、そっから先に進んでなかったっていう(笑)

なんでかって、帯がいいじゃないですか。

 

「神様、おまたせしました」

わたくし原田宗典は、ようやく自分自身が読みたかった小説が書けました。

神様、あなたに向けて書いたものです。どうぞお読み下さい。

 

この帯の文句を読んじゃったらさぁ~~~~~、15年前から好きで読んでいた原田先生みずからが「自分自身が読みたかった小説」なんて言うからさぁ~~~~~~。

読むのもったいなくなっちゃうじゃん!?(笑)

もったいねぇもったいねぇを繰り返して、早何年。

いくらなんでも、そろそろ読もうかな?? って。

読む前に死んじゃったら後悔すごそうだし(笑)

 

ときどき、いろんなものを先延ばしにするクセがあるんですよ。

かつ丼食べたいなぁ」なんて思いながらも、カロリーヤベェカロリーヤベェを繰り返して1年半経っていたこともあって、そのあいだ「今死んだらかつ丼食べた過ぎて化けて出ちゃう……」って、本気で悶々としたり(笑)

THE 無駄な悩み☆

あの世に図書館も食堂もあるならいいんですけどね、その保証がないもんだから、やりたいと思ったことは今のうちにやっておかないと。

作品もね、書きたいものは書きたいうちに書いておこうと思います。

No more 先延ばし!!

あの世出版もある保証はないし、現世で売れたいんで(笑)

 

……ってなワケで(どんなワケ!?)、読み始めました。『劇場の神様』。

表題作のほか、短編が3本収録されているのですが、いつもトップバッターの『ただの一夜』ばかり読んでしまって先に進まなかったのを、ようやく『夏を剥がす』『夫の眼鏡』と読了し、『劇場の神様』までたどり着きました。

まだ序盤。

相変わらず、もったいねぇ精神がうずうずして、ともすれば「やっぱり今読むのはやめておこう……」なんて言い出しかねないから、読み始めたことをブログに書かせていただきました。

そのため!? っていう(笑)

いや~~~~、他人に向けて書くブログの有効活用って、こういうことだよね?? たかだか1日20人ぽっちしか来ないこのブログだけど、他人の目っていうのは心をシャンとさせてくれるもんで。

これで読了しなきゃいけなくなったし、読んだらちゃんと感想を書きますね。

原田先生が読みたい小説って、どんなんだろうなぁ。

 

最近、わくわくする読書が続いてる。

とても幸せなことです。

 

f:id:yumeyamaguchi:20190502211148j:plain

f:id:yumeyamaguchi:20190502211152j:plain

f:id:yumeyamaguchi:20190502211144j:plain

 

毎日恒例の宣伝を挟みまして。

唯一繰り返し読んでいる『ただの一夜』も大好きなんですよねぇ~~~~、繰り返し読んでるだけはあるんですよ。

いいんです、何度読んでも。たまらなくなるような色気があって。

『劇場の神様』を読了したら、もう1度頭に戻って読み直してしまいそうです(笑)

まあ、この話はまた別の機会に。

www.yumeyamaguchi.com