山口夢Official Blog

物書き(小説家・シナリオライター)の山口夢です。

泥棒は眼で仕留める―吉行淳之介「川端康成伝」―

昨日、川端康成の『母の初恋』についてブログを書きながら、

blog.yumeyamaguchi.com

同じ全集に収録されている「川端康成伝」を読んでいて、面白いエピソードを見つけたんですけど、昨日のブログには書き切れなかったんで、今日は読書感想文の番外編。

川端先生の瞳についての話を、「川端康成伝」から抜粋したいと思います。

 

……っていうか、この「川端康成伝」、書いているのが吉行淳之介先生なんですよ。

めっちゃ豪華~~~~!!!

レジェンドがレジェンドについて書いてる、全集の冒頭に前座的な感じで挿入されるにしては、あまりに豪華過ぎるよね。

 

それはさておき。

川端康成伝」の最後は、川端先生の「眼」について書かれています。

昭和四十一年の川端康成の風貌で、最も特徴のあるのは、その眼である。「あの大きな目を一様に見開いて、ぎょろりと御覧になる」というのは、堀辰雄未亡人多恵子さんの表現だが、「一様に見開く」という表現は適切である。

──吉行淳之介川端康成伝」 

確かに、川端先生の「眼」って、かなりインパクトがあるよね。

f:id:yumeyamaguchi:20190526222926j:plain

これ笑顔だけど。満面の笑みだけど。

お顔における両目のインパクトが、一般人のそれよりもあるような気がしますよね??

真顔でじっと見られたら、何も悪いことをしていなくても、なぜかビクビクしてしまいそうです。

昨日、川端先生の作品には一種の「怖さ」があると書きましたが、

 

川端先生は、「眼」も怖いらしい。

 

さて、吉行先生の「川端康成伝」の続きに戻りましょう。

その眼は若いころからそうだったのだろうか。梶井(基次郎)が、「薄気味わるい」と評しているように、その気配十分だったとおもえる。

──吉行淳之介川端康成伝」 

梶井先生ひどい。

薄気味悪いって(笑)もうちょっとマイルドな表現はなかったもんか。

 

ま、薄気味悪いのことは一旦置いといて、話は昭和3年、29歳だった川端先生のお宅に、梶井先生がお泊りした日の夜のこと。

川端夫妻は寝床に入っていたが、まだ眠ってはいなかった。隣室で足音がしたので、二階の梶井が降りてきたのだとおもっていた。寝床の裾のほうの襖(ふすま)が、すうっと開いた。夫婦の寝部屋を覗くとは、梶井も奇怪な振舞をするものだ、と康成は息をこらしていた。

──吉行淳之介川端康成伝」 

梶井先生ひどい。

……と、思うでしょ。夫婦の寝室をのぞき見るなんて、一体どんな趣味をしてるんだ、と。

ところがどっこい、隣の部屋にいたのは泥棒で、鴨居にかけた川端先生のインバネス(=コート)の内ポケットを探っているという。

よかったよかった、梶井先生は変態じゃなかった(笑)

インバネスを取られては困るな、と康成はおもった。泥棒は、寝床の裾から枕もとの方へ来ようとして、ふっと康成の眼と眼が合った。眼の合った瞬間、その男は、

「だめですか」

というなり、ぱっと逃げ出した。

──吉行淳之介川端康成伝」 

「だめですか」(笑)

随分と気の弱い泥棒さんですが、川端先生にじっと睨まれたら、逃げるしかなかったのかもしれませんね。

この眼に……。

f:id:yumeyamaguchi:20190526230752j:plain

f:id:yumeyamaguchi:20190526230824j:plain

f:id:yumeyamaguchi:20190526230906j:plain

……この眼に睨まれたら、暗がりだと、より一層怖かったことでしょう。

昔の泥棒さんは、入った家のご主人に説教されて改心したり、なかなか愛嬌のある人が多かったようですから、「だめですか」と言って逃げてしまったというのも、また時代柄。

根はいい人だったのかも。

この泥棒さん、「粉まみれの米屋の小僧のような前掛け」をしていたと言うし、もしかしたら、出来心だったのかもしれません。ま、どんな事情があるにせよ、盗みに入っちゃあいけないんですが。

 

さて、その後はどうなったかと申しますと。

相手が逃げたのにつられて、康成は玄関まで追いかけた。物音で、夫人もとび起きて、

「梶井さん、梶井さん」

と呼んだが、梶井はなかなか下りてこなかった。こわかったためだ、ということだった。

──吉行淳之介川端康成伝」 

梶井先生ひどい。

でも、可愛い(笑)

何はともあれ、川端先生御夫婦も梶井先生も無事でよかった。

それもこれも、川端先生の「薄気味悪い(by.梶井先生)」眼力のおかげですね、めでたしめでたし。

 

f:id:yumeyamaguchi:20190502211148j:plain

f:id:yumeyamaguchi:20190502211152j:plain

f:id:yumeyamaguchi:20190502211144j:plain

 

毎日恒例の宣伝を挟みまして。

川端先生の眼力によって助けられたのに、「薄気味悪い」って随分だよね、梶井先生(笑)梶井先生ひどい。

ま、泥棒騒ぎと「薄気味悪い」発言、どっちが先か、正確なことは分かりませんが。

これだけ「梶井先生、梶井先生」と連呼したので、次は梶井先生の短編を読もうと思います。泥棒が怖い梶井先生の短編を。

www.yumeyamaguchi.com

お題「好きな作家」