山口夢Official Blog

物書き(小説家・シナリオライター)の山口夢です。

スーパー企画書製造マッシーンとは私のこと

つい最近、「ラーメンの画像」と「パスタの画像」、どちらも載せてみたんですけど、

blog.yumeyamaguchi.com

blog.yumeyamaguchi.com

ラーメンがアクセス数4倍の圧勝でした。頑張れよぉ、パスタ。

同じ小麦粉だろぉ??

 

……ま、そんなことより、今日は1日中企画書を作っておりました。まだ作ります。

当初はシナリオ3話分+企画書+登場人物表の1セットに加えて、別途企画書2本追加して、豪華3作品のアイデアまとめてドーーーン!! と、お送りするつもりだったんですが───

そこに企画書をもう1本おつけして、なんとなんと、今なら4作品分のアイデアを一気にお届け!! 現品限り、現品限り!! このブログが更新されて30分以内にお電話をいただくと、通常価格の半額、4980円でのご奉仕です!!

 

……みたいな??(笑)

テレビショッピングばりにおまけをつけまくった、下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる的、企画書の乱れ打ちを実施する予定です。

結果、全然仕事が終わらない。ずーーーーっと企画書作ってる。

基本、私の企画書はA4用紙1枚なんですけどね。

冒頭に「タイトル」をじゃじゃーんと書き、次に、見た人へインパクトを与える「キャッチコピー」をばばーん、さらに「企画の方向性」や「企画意図」を簡潔かつ、抽象的というか、ちょっと格好つけた(聞こえのいい)感じにまとめ、最後に物語の肝を「あらすじ」にぎゅぎゅっと詰め込んで、はい終了です。

長ったらしく書いたところで、先方はちゃんと目を通してくれませんから。

しかし、だらだら長く書くよりも、この「短くまとめる」という作業のほうが、実は難しかったりします。小説も、長編より短編のほうが難しいのよ。

10行書き足すより、1行削ることのほうが、死ぬほど悩むもんなんです。

 

今現在の私は、必要最低限かつ先方が企画に興味を持ってくれるような情報を、限られたスペースにどうやって詰め込むか、ず~~~っと考えております。

 

かといって、文字がズラ~ッと並んで、目がチカチカするような企画書もだめ。

写真を加工して貼りつけたり、イラストやアイコンを入れて、カラフルにしてあげたほうが人目を惹きやすいし、文字をいっぱい読んだ感がなく、先方にストレスを与えずに済むのです。

とくに、ゲーム関連の企画書は、枚数が増えてもいいからイラストをばんばん入れていかないと、企画書そのものを読んでもらえない印象があります。

ゲームは文字よりも絵から得られるインパクトや情報が多い媒体なんで、企画書にもその傾向があるようですね。

 

仕事柄、年中企画書を作ってるため、実は、私の企画書、そこそこ評判がいいんですよ。

まあそれは、この仕事を本格的に始めてまもなく、某テレビ局のディレクターさんが作ったドラマの企画書(※採用されて映像化されたもの)を見せていただける機会があり、「企画書って、こんなオシャレに作んないといけないんだ!!」と、目からうろこ、素晴らしい衝撃を与えていただいたおかげなんですよね。

何事も経験。先達から学ぶことは、いっぱいあるということです。

 

……ここまで語っといて、ふと気づいたんですけど。

実際の企画書をお見せできたら話が早い。とはいえ、これから提出する企画書を載っけるワケにもいかないからね。

よーっし、企画が採用されなかった場合、ブログでばばーんと公開しちゃおうかな。

採用……されないと悲しいから、公開されないことを祈っといてください(笑)

 

f:id:yumeyamaguchi:20190502211148j:plain

f:id:yumeyamaguchi:20190502211152j:plain

f:id:yumeyamaguchi:20190502211144j:plain

 

毎日恒例の宣伝を挟みまして。

ちなみに、一応言っときますけど、「このブログが公開されてから30分以内にお電話をいただいても、企画書を半額でお譲りすることはできません」。あしからず。

4980円って安過ぎるでしょ、それこそ悲しいわ。

ま、4本の企画書が全滅した場合、4980円どころか、これ収入0なんですよねぇ……通ってくれ、頼むから。

なんなら、全部通ってくれてもいいんだぜ☆☆ 馬車馬のように働くから。

www.yumeyamaguchi.com

お題「今日の出来事」