山口夢Official Blog

物書き(小説家・シナリオライター)の山口夢です。

昔「あの世ってあると思う?」と聞かれた時に即答したこと

彼氏に聞かれたんですよ、風呂入ってる時に。

どんだけ色気のない会話してんだ、って話はこの際置いといて(笑)

 

私は「あると思う」と即答しました。

 

すぐに「なんで?」という質問が飛んできたのですが、その時、私は、

 

「あの世がなきゃ夢がないから」

 

と、またしても即答したんです。

 

当時付き合っていた彼氏、首かしげちゃって(笑)

それ「どういう意味?」って聞くんですよ。「いろんな人に同じ質問したことあるけど、そんな答え返ってきたの初めて」だって。

 

「夢がないから」と答えた理由をかいつまんで説明しますと、

人間だれしも、最初は生まれてきたくて生まれたんじゃなくて、気づいたら生まれてるワケじゃないですか。

で、生まれたら最後、立ち止まることなく生きていかなきゃいけなくて、時に楽しく、時につらく、まあいろいろあるけれど、頑張って生きていこうとするんですよ。

なのに、下手したら急に死ぬ。

病気でも事故でも事件でも、人間は急に死ぬことがあるんです。

たとえば、あとで私がゴミ捨てに行こうとした時、階段から転げ落ちて死ぬかもしれないし、アパートの前で不審者に刺されて死ぬかもしれないし、さっき食べた刺身にアタって死ぬかもしれない。

 

今書いたことは極端な例だけど、人は結局死ぬ。必ず死ぬ。

生まれてきたくて生まれたんじゃなくて、それでも生きていくうちに人生の楽しさをまあまあ知って、生まれてきてよかったと思って、それなのに死んじゃったら「はい、しゅーーーーりょーーーー」で、意識も何もかもなくなって真っ暗になるの、

 

はっきり言って、あんまりじゃない!? って思うワケ。

 

ひどいじゃん、勝手に生を受けさせといて、その生を理不尽に奪ってくの。

無理やり結構な額の金を握らされて、成り行きでそこそこ使ったあとに、急に「全額耳揃えて返せ」と、借金取りが現れて、家から家財道具から身ぐるみ剥いでいかれたら「理不尽だな!?」って思うでしょ???

神様、借金取りの才能があり過ぎるよ。

 

今にも死にたい人がいたら、死んだあとにまたあの世があるなんて、それこそ夢がないのかもしれないけど、たいていの人にとっては、急に人生終了させられてそれっきりなんて、あまりに残酷で夢がないと思うんだ。

神様を借金取りにしないためにも(笑)、私はあの世の存在を信じていたい。

 

9.11にしろ3.11にしろ、ここ数日多い車の事故にしても、みんな当たり前のように「明日」があると思っていて、その未来を奪われ、未来を奪われたことにも気づかず、そこですべてが終わりなんて、本当に本当にあんまりだから。

きっとあの世はある、はず。

 

……なんでそんな話を急にしたのかというと、今とある本を読んでいて、

f:id:yumeyamaguchi:20190423233329j:plain

それがこちら、『恐怖の博物誌』イーフー・トゥアン著、金利光訳(工作舎、1991年)。

「人は一体何を恐れるのか」「何故恐れるのか」等、「恐怖」にスポットライトを当てた書籍です。

5年くらい前に古本屋で購入し、冒頭で3回ほど挫折して(笑)、今回ようやく中盤まで来たのですが、これ冒頭を抜けたらかなり面白い。過去3回の私には、もうちょっと頑張って欲しかった(笑)

 

とにかく、この本を読んでいると、人はやはり病むこと、老いることが怖くて、その恐怖を和らげるために、神を生み出し、悪を生み出した、ということなんですね。

毎晩、毎晩、「死とは何か」「恐怖とは何か」を考えながら眠りに落ちていたせいか、もう何年も前に別れた彼氏から聞かれたことを思い出したんです。

で、書いてみた、と。

 

どうでもいいけど、もんのすごい夢見の悪そうな本のチョイスだよね(笑)

f:id:yumeyamaguchi:20190419230544j:plain

f:id:yumeyamaguchi:20190419230602j:plain

f:id:yumeyamaguchi:20190419230521j:plain

恒例の宣伝を挟んで、今日はここまで!!

『恐怖の博物誌』については、ちゃんと読み終わったらまたブログを書きたいと思います。

いや、冒頭を抜けたら本当にこの本面白いのよ!! どんだけ冒頭がダメなんだ、って話になりそうだけど、決してそうではなく(笑)

第3章くらいで、ようやくこの本が「一体何を言いたいのか」分かってくる的な。本と向き合う姿勢が決まって、とても面白くなってきました。

今夜も仕事を終えたら、夢見の悪いベッドタイムの始まりです。

www.yumeyamaguchi.com