山口夢Official Blog

物書き(小説家・シナリオライター)の山口夢です。

みんな、Something ELseって覚えてる??

Something ELse

その昔、日本テレビの『雷波少年』っていう番組で、合宿生活をしながら新曲を作成、その曲『ラストチャンス』がオリコン20位以内に入らなかったら即解散……っていう企画で、見事2位を獲得した3人組アコースティックバンドなんですけど。

詳しくはWikipediaでどうぞ。

ja.wikipedia.org

サムエル、私と同じ30代以上には懐かしい響きでしょ??

2006年に解散しちゃったんですが、私まだバリバリ現役でふつーーーに聴いてるんですね??

ほら、CDも結構持ってる。

f:id:yumeyamaguchi:20190418223952j:plain

私は歴20年越えのジャニオタなんだけど、初めて親に頼み込んで買ってもらったCDは、Something ELseさんの『502』でした。

(※写真の『502』にレンタル落ちのシールが貼られている理由は、もともと持っていたCDを、空き巣に盗まれちゃったから。これは買い直した中古品です)

 

好きなんですよね、20年経った今でも。

合宿生活をハラハラしながら見守っていたこともあるけど、単純に歌声と曲が好きなんですよ。

相性のよい3人の歌声と、基本ギターだけで構成されるシンプルな曲調、そして、なんかちょっと暗い歌詞(笑)

明るくてハッピーなラブソングで、「昔こんな悲しい恋があったけど」とか言って、すぐ過去を振り返っちゃう。

夢を追う系ソングでも「あんなに愛した人をなくしても夢を追う」って言っちゃう。

たとえば、

 

この海に投げ捨てた いくつもの痛かった恋が

今 二人たどり着くためならば それも構わないよ

──『cold flower』作詞・作曲:今井千尋 

 

It's perfect あんなに愛した誰かをなくしてしまっても

Perfect, perfect dream

(中略)

It's perfect どんなに悲しい時代(とき)でも僕を動かすのは

いつだって It's perfect dream

──『パーフェクトドリーム』作詞・作曲:今井千尋 

 

この、後ろ向きに前向きな感じが、私にはすごく合ってるんですよね(笑)

『パーフェクトドリーム』は、元気がない時の応援歌にしている楽曲のひとつです。

引用した部分の歌詞が1番好き。

歌詞を見ると「悲しい時代」になっていますが、読み方は「とき」となっているため、仕事で悪いことがあって、心が折れそうになった時、この曲を口ずさんで元気を出すようにしています。

 

『cold flower』も『パーフェクトドリーム』も、『風見鶏』というアルバムに収録されている曲なんですが、私このアルバムかなり好きなんですよ。

『月の虹』は、耳で聴く大人の絵本だと思っていて、曲調も世界観も歌詞もすべてがベストマッチ。サムエルの曲のなかで、もしかしたらもっとも聴いてるかもしんない。

Ah 月の虹が 今も君を 照らし続ける

Ah 包むように 癒すように ゆっくりと

分かっていたんだ 全ての光が 永遠じゃないこと

──『月の虹』作詞:大久保伸隆 作詞:伊藤大介 

『残像』を聴くと、歯を食いしばって仕事をしようと思える。

やりたいことだけできたら どんなにいいだろう

だけど出来ないこと出来た時に 僕は変わる

──『残像』作詞・作曲:今井千尋

本当に、後ろ向きに前向き。

でも、世の中ってきれいごとばっかりじゃなくて、ちょっとビターで、それでも頑張っていきたいな、と思ってるから、こんなにもサムエルの歌詞がビタッとハマるのかもしれません、私には。

 

他にも語りたい曲はいっぱいあるんですよねぇ。

作詞をメンバー以外が手掛けたアルバム『Y』も良曲揃いだし、なかでもシングルカットされている『夏のラジオ』は最高。「二十歳のようには愛せない」というフレーズは、この年になるとよく分かる。

初期の名曲『さよならは最後に言う』、シングルのカップリング『蜘蛛の糸』、運命を歌うアルバム表題曲『光の糸』、後期のシングル『1M』……。

みんなみんな好き。

何百回と聴いている曲ばかりです。

やっぱり有名なのは『ラストチャンス』なんですが、そのほかにも素晴らしい曲がたくさんあるんですよ。いいバンドです、サムエルは。

 

解散する前に、生で歌声を聴けなかったことが、唯一の心残りです。

ほんと、行ける時に行っとかないとね。いつまでも、いると思うな親と推し、ですよ。

www.yumeyamaguchi.com