山口夢Official Blog

物書き(小説家・シナリオライター)の山口夢です。

実験「猫は自分の名前を聞き分けられるのか」

先週、「猫は自分の名前を聞き分けている」という研究が発表され、話題となりましたが、

natgeo.nikkeibp.co.jp

今日の昼頃、家じゃ集中して執筆ができなかったもんで、どっか行こうと思って外へ出たら、猫さんとすれ違ったんですよ。

手を伸ばしてみると、「お前ごときに触られる我ではない」とでも言いたげに距離を取られたんですけど、ふと、首輪にお名前が書いてあることに気づきました。

そこで、↑↑の記事を思い出した私。

試しに「××さん」と呼んでみたんですね。(※お猫様にもプライバシーがあると思うんで、名前は伏せます)(「さん」付けなのは、よそ様のお猫様だから)

すると───

 

「おっ、なんだ? 呼んだか??」的なノリで、こっち来てくれたんですよ。

 

……えっ、嘘でしょ??

呼んどいてなんだけど、めちゃくちゃびっくりした。

しかも、寄って来るだけにとどまらず「名前知ってるってことは、前にもお会いしましたかいな?? すまんね、忘れとって。お詫びにいくらでも撫でてええよ」くらいの勢いで、すりすりしてくるし、お腹見せてくるし。

「××さん」って呼ぶたびに、「にゃー」って返事してくれるし!?

 

……いや、ほんと申し訳ない!! 完っ全に初対面なんですけど!! いいんですか!? こんなに撫でさせていただいて!?

と、思いながらも、心ゆくまで撫でる私。

「××さん」「にゃー」「××さん」「にゃー」って、何この幸せな会話のキャッチボール!!!

 

おまけにダメ押しですよ。

名残惜しいけど仕事へ向かおうとする私のあとを、とことこついてくるんです。

「ちょいちょい、どこ行くんですの?? 僕の名前知ってる方、あんたですよ、あんた。まあまだええやないですか、もうちょっと一緒にいまひょ」って、ついてくるんですよ!!!!!

ごめん、正気を保てない!!!!

「えええっ、マジで!? ××さん!?」「にゃー」

ここでも律儀に返事するとか、ファンサとして完璧じゃない!?!?!?

 

───結果。

またしてもしゃがみ込み、なでなでタイムに入る私。

仕事に……仕事に行かなくては……しかし、「もうサボッて××さんとずーっとこうしてようかな?」「にゃー」……ゆっ、揺らぐ心……。

なんとか誘惑を振り切ってその場を離れたのは、約20分後でした。

 

でした、が───

ミスドに着いたら財布を忘れたことに気づき、そのまんまUターンすることに(笑)

戻ったらねぇ、さっきと同じ場所にいるよねぇ、そりゃいるよねぇ。

「××さん」って呼んだら「にゃー」って答えて、案の定すりすりしてくれるの。

またしてもしゃがみ込み、なでなでタイムに入る私。(※6行ぶりのデジャヴ)

そして、やっぱりついてくるしぃ~~~~。もぉ~~~~~、全然前に進めない~~~~~~~(予定よりも1時間ほど遅くミスド入りしました)

 

この写真は、お行儀よくお座りして私をお見送りする「××さん」です。

f:id:yumeyamaguchi:20190413235632j:plain

こっち向いてないけど(笑)

 

結論と致しましては、確かに「猫は自分の名前を聞き分けられる」ということ。

しかし、また別の可能性と致しましては、すりすりされまくったコートにお猫様の毛がたっぷりついておりましたので、「ただの孫の手代わりにされた」説も、アリ寄りのアリ。

むしろ、そっちのほうが有力かもしんない、です。残念ながら(笑)

www.yumeyamaguchi.com