山口夢Official Blog

物書き(小説家・シナリオライター)の山口夢です。

日傘族の切なる願いについて

お題「愛用しているもの」

f:id:yumeyamaguchi:20190126222203j:image

愛用の日傘です。おしゃんでしょ??

母親にプレゼントしてもらったものなんですが、骨もしっかり裏地もしっかり。和柄だし、大好きなオレンジ色だし、お気に入りです。

 

私は、この傘を雨の日以外ほとんど毎日持ち歩いています。

ご存知の方もなかにはいるかと思いますが、私は紫外線を浴びることができません。

いわゆる日光アレルギー。

日差しを浴びると、肌にぶつぶつと蕁麻疹ができて、ひどい時は細かい蕁麻疹が全部1個に繋がった挙句、全身真っ赤に腫れ上がります。難儀な体質です。

 

……とにかく、日傘族は肩身が狭い。

今のような時期はとくに、「なんで冬でも日傘差してんだよ、気取ってんじゃねぇよ」……と、直接言われたことはありませんが、そう思われたくはない。

混雑している街中では、すれ違う人の視線が痛い……気がする。

そういう場合、20分くらいはなんとかなるだろうと踏んで、傘を閉じることもあります。なるべく人の少ない道を選ぶし、邪魔にならない傘の差し方も心得ているつもり。

被害妄想と言われるかもしれないけど、長年日傘を差してきた人間から言わせてもらえば、晴れた日に傘をさしている人間は、まだまだ「美白とか意識しちゃってる自意識過剰の勘違い女(男)」というイメージが強いと思うんです。

 

ちょっと前にあったよね、「ブスが日傘差してんじゃねぇよ」ってツイートが話題になって、炎上したこと。

まあ、私はそういうタイプの人間にわざわざ突っかかって「理解してください!!」と、声高に主張することはせず、「ごめんなwww ブスが日傘差してwww 命に関わんのよwww」って笑っちゃうんだけど。

だって、極論じゃん。笑っちゃうよね、すごい考え方するなぁって。

まあ、どっか他人事みたいな視点を持っているからこそ、この仕事をしているのかもしれません。たぶん。

 

ああ、でも、あれはちょっと悲しかったな。

私が直接言われたワケじゃないんだけど、Twitterのオタクアカウントで、フォロワーさんがツアーに行ったらしいんですね。

そのグッズ列か入場列に日傘を差している人がいたようで、「日傘邪魔なんだよ、死ねよ」ってつぶやいてたんですよ。

確かに、その現場で日傘を差していた人は、紫外線アレルギーでもなんでもなく、いわゆる一般的な日傘のイメージである「自意識過剰クソ女」なのかもしれないけど、私と同じく、あるいは、もっとひどい症状が出る重症患者かもしれない。

または、私も知らない特別な事情を持つ、日傘が必要な人なのかもしれない。

 

そういえば、去年こんなこともありましたね。

電車のなかで、私の着ていたコートのフードがぶつかったという理由から、いきなり40代くらいの男性に背中を殴られたことがあって。

その時も、いちゃもんをつけるいい理由が見つかったと言わんばかりに、「この傘はなんなんだよぉッ、テメェはよぉ!!」と、怒鳴られました。

その日も、もちろん晴れていましたね。

晴れている日に傘を持っていると、ワケの分からん絡まれ方をすることもあるんですよ。

これはかなりのレアケースとはいえ(※ちゃんと謝ったのに引き続き怒鳴られたため、私も応戦して言い返したし。反省)、嫌な思いはあまりしていないとは言いながらも、それなりにしょんぼりすることに遭遇しているもんなんです。

ね?? 私が「日傘に対してまだまだ偏見があるなぁ」と感じてしまうことも、無理はないなって思うでしょ??

 

何が言いたいかって、このアレルギーを理解しろとか、気持ちを分かって欲しいとか、そういうことではなく。

アレルギー様だぞ、どやどやと、大手を振って歩きたいワケでもない。

ただ1つ。

自分も肝に銘じたいことではありますが、今よりも少しだけ想像力を働かせていただきたい。

「自意識過剰クソ女め」と舌打ちをする前に、怒鳴り散らす前に、「死ね」とつぶやく前に、何か、日傘を差さなければいけない事情があるんじゃないか?? と、立ち止まって考えるだけの想像力が、世の中に欲しい。

そうすれば、世界はもっと平和になる。と、思う。

これは、日傘だけの問題ではなく、さまざまな病気、アレルギー、体質……いろんなことに当てはまるでしょう。

最近、Twitterでは多く取り上げられていますね。

聴覚障害の人のヘッドホンとか、吃音とか、パッと見元気な人にも、それぞれ事情があって、悩んでいるんだよ、ということが拡散されています。

その一方、同じTwitterで「日傘死ねよ」と、つぶやく人もいる。

要するに、気づきと想像力だと思うんです。

「事情があって日傘を差す人もいるんだな」という知識があれば、あるいは、それを想像する力さえあれば、気づきに繋がり、そんなことを軽々しく言えないようになると思うんだよね。

 

そして、これは結構重要なことだと思うのですが、あなたもこちら側に来ることは十分にあり得るんですよ、と。

 

私が紫外線アレルギーを発症したのは、17歳の時でした。

完っ全に対人関係によるストレス。しかし、1度発症したら、一生お付き合いしていくのがアレルギーです。花粉症も治んないでしょ?? 離婚できないんです、アレルギーちゃん一途かよ。

以来15年間、私は日傘族として生きています。

テレビ制作会社でADとして働いていた時は、薬服用で外ロケに出ていました。

でも、薬と日焼け止めじゃどうしてもまかなえない部分もあるんです。

真夏の炎天下でロケをしていたら、頭皮と眼球がパンパンに腫れちゃって(笑)そりゃあそうだ、眼球と頭皮は日焼け止め塗れないからね!!

ま、今は超超超インドア生活のため、蕁麻疹とは縁遠い生活を送っています。やったね。

 

しかし、私もこのアレルギーを発症しなかったら、街中で日傘を差している人に対して、「邪魔くせぇな」くらいは思っていたのかもしれない。

それを考えると、気づきの1歩を与えてくれた紫外線アレルギーには、ちょっと感謝をしています。

黒かった肌が、色白になったし。日傘差す系のブスではありますが(※嫌味です)、色白になって七難隠れてくれたおかげで、少しはマシになってんじゃないですかね。知らんけど。

 

──そうそう、今でも晴れた日は好きですよ。

今朝も朝食のパンを買いに行く時、「いい天気だなぁ」と気分がよくなりました。もちろん、日傘は差してますが。

愛用の傘をくるくる回しながら、「そういえば、日傘との付き合いも長くなったもんだ。君、4代目? 5代目?」と、ふと思い、こんな記事を書いた次第です。

 

どうか、相手を責める前に、1歩立ち止まって想像する時間を設けてください。

その相手が、なんらかのマナー違反をしていた場合、それを注意する分には、まったく問題はないかと思いますが。

それでも、相手の事情を慮るくらいの、心の余裕は持っていて欲しいなぁ。

 

……えっ?? 何々??

「死ねよ」ってつぶやいてたフォロワーさんは、その後ちゃんとフォローを切ったのかって??

いいえ、「死ねよ、とか短絡的に言っちゃうタイプの人間」を観察するため、たいして会話もしないクセに、ばっちりフォローし続けております。

いやいや、当然観察するでしょ。こんな上質なサンプル。

……う〜ん、性格が悪いッ!

(※日傘どうこう抜きにして、お前そもそもクソ女じゃねぇか!! というオチにしたいワケではありません。あしからず)(上手いこと繋がったなんて思ってないよ)

www.yumeyamaguchi.com