山口夢Official Blog

物書き(小説家・シナリオライター)の山口夢です。

【ひとり旅備忘録】江戸川乱歩館に行ってきました【番外編】

どうも、もういっそひとり旅大好き芸人です(転職)

ここ数日やたらと旅の話をしていたのは、実際に旅行をしていたから、なんですよ。

行き先は伊勢。

ただし、今回はひとり旅じゃないんです。両親と3人の家族旅行。

昨年の年末も家族で伊勢に行ったんですけど、両親がやけに気に入りまして、今年も行き先は伊勢ということになりました。

私にとっては、1年ぶり3回目の伊勢。

毎度同じコースを回っても致し方ないため、今年は鳥羽にも行ってみました。

鳥羽にはね、「江戸川乱歩館」があるんですよ。

ワタクシ、ひとり旅大好き芸人兼金田一耕助大好き芸人としても知られて(?)おりますが、

blog.yumeyamaguchi.com

blog.yumeyamaguchi.com

金田一耕助シリーズの産みの親・横溝正史先生と、江戸川乱歩先生は同じ雑誌『新青年』の出身なんですよ。

新青年』から名作を抜粋した書籍も持っておりますし、もちろん江戸川乱歩先生のファンでもあるのです!!

鳥羽に「江戸川乱歩館」がある!? じゃあ行かなきゃ!! って、なるじゃん!? 

 

2日前に『みんな!! 地方の博物館行こうよ!!』という記事を書きましたが、

blog.yumeyamaguchi.com

この「江戸川乱歩館」こそ、安くて個性的で貴重な資料を展示している、THE 地方の博物館って感じでした。入館料は大人300円。

 

今回は家族旅行のため、「ひとり旅備忘録―番外編―」としてお送りします。

 

江戸川乱歩館」は、鳥羽駅の市街地からちょっと行ったところにあります。

外観はこんな感じ↓↓

f:id:yumeyamaguchi:20181230193950j:image

赤い看板が目印です。途中、案内板もかなりの数があるため、迷子にならずたどり着けると思います。(何より、超がつくほどの方向音痴である私がゴールできたんだから、たぶん全人類大丈夫です。たどり着けます)

 

なかは入口⇒蔵⇒資料館と3つに分かれており、充実のラインナップです。

もともと乱歩は三重県の出身で、この辺りの造船所で働いたり、ラーメンの屋台をやったり……と、この辺りで職業を転々としていたそうです。奥様も鳥羽出身の女性だし、『パノラマ島奇譚』のモデルも鳥羽とのこと。

江戸川乱歩館」は、乱歩の鳥羽時代の友人で、乱歩作品の挿絵も担当した岩田準一氏の子孫の方がやっていらっしゃる博物館です。

 

事前に調べたうえで、もっとも見たかったのは「江戸川乱歩が撮影・編集したフィルム」だったんですよ。

それは、乱歩が鳥羽・真珠島で海女さんを撮影した作品なんですけど、実際に観てみると、かなりきちんと編集された作品でした。

無音無声ではありますが、「大根の恥じらい」という字幕のあとに、海女さん4人のガッチリしたふくらはぎ計8本が並んでいる様子を映すなど、なかなか洒落も利いている。

ラストは、海の波⇒海女①の笑顔⇒海の波⇒海女②の笑顔……の繰り返しと、かなり映画的で盛り上がる編集も施されていました。

これが趣味だって言うんだから、恐るべし江戸川乱歩。一流は何をしても一流ってことですね、くそーっ(なぜか悔しがる)

 

……んで、乱歩が撮影・編集したフィルムも、もちろん大変面白かったんですけど。

でも、でもね?? この「江戸川乱歩館」のメインどころは、「土蔵」こと「お化け屋敷」です。

これはね、実際に行って見てもらいたい。先にネタばらしすると面白くないんでね。

とりあえず、入口では執事の猿田さんがお出迎えしてくれます。

f:id:yumeyamaguchi:20181230210002j:image

(あとで調べたところによると『三角館の恐怖』に登場する人物だそうですね。今度読んでみよ)(リアル過ぎてドキッとするよね、実物はもっとドキッとするよ:笑)(喋るし)

土蔵のなかに入ったら、パチパチ拍手をしてみてください。とっても面白いことが起こります(ニヤリ)

博物館に行ってお化け屋敷があるなんて、これぞTHE 地方のそれって感じでしょう。

うちの母親は気味の悪いものが嫌いなんで入らなかったんですけど、私と父は大爆笑でした(笑)

外へ出たあとに、父親がしみじみ「これで300円は安いなぁ」と言っておりましたが、本当にそう!! 地方の博物館は本当に安くて充実してる!! 行かなきゃ損なのよ!!

館の奥には、なぜか昭和のホーロー看板が並んでるし↓↓

f:id:yumeyamaguchi:20181230210925j:imagef:id:yumeyamaguchi:20181230210942j:imagef:id:yumeyamaguchi:20181230211007j:image

(特に私にとっては)価値のある資料がずらりと並んだ博物館で、大大大満足でした!!

 

また、資料館のなかには、怪人二十面相が隠れていたらしいんですけど↓↓

f:id:yumeyamaguchi:20181230211526j:image

これを見つけられなかったので、またいつか行きたいと思っています。

お題「もう一度行きたい場所」

見つけられなくて夜も眠れないから、ヒント貰えばよかったなぁ。(眠れてる)

 

三重県鳥羽市江戸川乱歩館」の公式HPはこちら。

rampomuseum.com

みんな、「江戸川乱歩館」を始めとする、地方の美術館・博物館へ行こうよ!!

www.yumeyamaguchi.com