山口夢Official Blog

物書き(小説家・シナリオライター)の山口夢です。

【ひとり旅備忘録】みんな!! 地方の博物館行こうよ!!

物書き・山口夢のオフィシャルブログというよりは、ひとり旅大好き芸人のブログとなりつつある現状ではありますが、今日も旅のお話です。

皆さん、美術館や博物館は好きですか?

私は大好きなんですよ。世の中の一切に対して興味があるので、知識欲を満たしてくれる美術館・博物館は、私にとって最高の空間であります。

一応、学芸員資格も持ってるんですよ。まあ、取得したのはもう10年も前の話で、今すぐ「美術館で働け!」と言われても、無理な話なんですけど。

昔は壺の梱包とかできました。今後の人生で、1回でも役に立ったら御の字な特技です。いつか使うことあるのかな(笑)

 

さて、ひとり旅大好きマン兼美術館・博物館大好きマンの私は、もちろんひとり旅でも地方地方の美術館・博物館を訪ねます。

いいですよ~、地方のそれは。なかなかに個性がある。とくに「〇〇町博物館」とか「××郷土資料館」のような、地域に根差したあまり大規模でない施設は、かなり面白い。

なぜなら、ときどきびっくりするほど貴重な資料を展示してる。

これまでに、「現存しているのはわずか10冊以下、日本初の蘭日辞書」とか「超有名戦国武将の書一挙公開」「国宝の刀剣」「戊辰戦争で実際に使用された銃」などなど……を、偶然入った地方の美術館・博物館で拝むことができました。

なんだろう、すごく寿命が延びた気分(笑)

東京のでっかい博物館だったら、入場料1800円の企画展で、黒山の人だかりを縫ってチラ見できたらラッキーくらいの展示物を、だ~れもいない空間で、30分でも1時間でも独り占めできるっていう贅沢なお時間。

それこそ、ガラスケースにびったりくっつく勢いで眺めていても、まったく文句を言われない。だって、ほかに誰もいないから。(※実際ガラスケースにくっつくことはありません。念のため)

 

しかも、地方の施設はすごく安い。だいたい入場料は1000円以下。300円とか200円のところもザラ。

ワンコインで国宝級のお宝が思う存分見放題なんて、こんっっっなに素晴らしいことはないじゃないですか!!

みんな行こうよッ、地方の美術館・博物館!! 皆さんの入場料が、貴重な資料を保存するための財源になるんだよ!! たぶん!!!(そこまでは博物館学で教えてもらってない、はず)(基本的にあいまい過ぎる記憶)

 

さらに、もうひとつ面白いのは、地方独特の「ユルさ」。

アホみたいに貴重な資料が低価格で展示されているのもユルさの一端ではありますが、あり得ないものが隣同士で並んでたりする。

新撰組組長・近藤勇の遺品」と、そこを訪問した「しょこ×んのサイン」が同じケースのなかにあったり。

いや、分かるけども!! サインも貴重だけども!! 中川さんまだバリバリ御存命ですし!! その並びに加わるのは半世紀早いかと!?

……みたいなことが、ちょこちょこある。

ほかにも、だいたい同じ形、出土したのも同じ場所、用途もまったく同じ壺を、100個も200個も並べた博物館とか。

行けども行けども壺。ずっと見た目の変わらぬ壺。解説も最初の1個にしかついてない。あとは、ただひたすら壺。壺、壺、壺。

夢に見るほど壺。

似たような資料は代表するひとつを展示して、あとは裏で保管すればいいんじゃん!? どうしてまるっと全部展示しちゃったの!?

……って言いたくなるけど、そんなこたぁ言えるはずもなく壺。永遠に壺。「ここさっきも来なかった!?」と、錯覚するほど壺。

出るまでにものすご~く時間を食いまして、私はその日のランチを食べそびれました。

時間は食ったけど飯は食えず、みたいな。

 

ま、それも、今となってはいい思い出です。

 

みんな行こうよ、地方の美術館・博物館!! 地域活性化!! 埋もれている文化や遺産の再発見!! 知識の探求!!

旅先の小さな小さな施設で、あなたの人生を刺激する素敵な出会いが待っているかもしれませんよ??

www.yumeyamaguchi.com