山口夢Official Blog

物書き(小説家・シナリオライター)の山口夢です。

【執筆のデスクから】ミステリーの構成を始めました③

昨日、漫画『そもそも恋は欲だらけ』の連載が始まりましたが、

blog.yumeyamaguchi.com

相変わらず、ほかの作品もじゃんじゃん書いております。

毎月いただいているゲームのお仕事や、今後いろんなところに出す予定の企画書を作っているほか、相変わらずミステリーの構成も練っております。

これね??

blog.yumeyamaguchi.com

blog.yumeyamaguchi.com

 

いや~……今、行き詰ってます。

やっぱり難しいですね、ミステリーは。面白いけど、難しい。

1日1歩、3日で3歩、3歩進んで2歩下がるって、こういうことを言うんだなぁ。

だぁ~ッと構成ができたと思いきや、どこかで矛盾が生じて、結局頭のほうまで練り直す……の、繰り返し。進んだ気が全然しない。

世の中には数多のミステリー作家さんがいらっしゃいますが、すごいですね、皆さん。たまに年2冊とか出版する人いるけど、頭のなかどうなってんだろ。

私もこれから自分なりの方法論を見つけて、面白いミステリーを量産できる物書きになるぞ!! ……というのが、2019年に挑戦したいことのひとつでしょうか。

 

そうそう、はてなブログのお題に、ちょうどこんなものがありまして、

お題「2019年に挑戦したいこと」

自分にとって「2019年に挑戦したいこと」は何かな? と思った時に、すでにスタートを切った状態ではありますが、ただいま構成中のミステリーを完成させること、そして、ばんばんミステリーを書ける物書きになることが、来年の目標です。

 

ほかにもいっぱいあるけどね、2019年の目標。

『そもそも恋は欲だらけ』を人気作にして、少しでも長く連載したい!! と、いうのは、もちろん1番の目標ですし、

ジャンルは同じくラブコメでもいいから、漫画の連載をもう1本くらい増やしたいと思っています。

月1本しか原作のシナリオを書かないと、毎月ちょっと書き方を忘れてるんですよね。

ひと口に「シナリオ」と言っても、映像、舞台、ゲーム、漫画……等々、媒体で書き方も魅せ方もまったく違うんですよ。この違いは、全媒体のシナリオを一気に並べれば一目瞭然だと思うんですけど。

だから、たとえば、ゲームをたくさん書いていたとしても、漫画の原作が格段に上手くなるワケではなく……。(悲しい)

物語を作るという根本は一緒なので、もちろん多少の上達は見られますが、なかなかどうして、漫画の原作が上手くなるには、漫画の原作を1本でも多く書くことが結局は最短ルートのコツなんですよね。

おまけに、漫画原作は全媒体のなかでも特殊。コマ割りとか、そういった部分もある程度は想定しながらシナリオを書いていくので、なかなか慣れるまでに時間が掛かりました。

これまでの人生でコマ割り意識して漫画読んできてないからね?? 漫画の原作をやらせていただくにあたり、まずはいろんな漫画を読みながら、1ページに何コマあるかを数えることから始めました。

今も、月1で原作書く時は、『そも恋』のすでに出来上がっている本稿やネームを読み返して、コマ数を数えるところからやってますよ。

だって、人間はやらなくなるとすぐ忘れるんだもん。

できれば月2本は漫画の原作を書いて、勘やコツをキープしたいところです。(漫画の原作シナリオについては、また後日改めて書く予定です)

そのためにも、まずは企画書づくりから始めないと……うっ、つらい。

作品1本を形にして商品にするのって、長~い時間が掛かるんですよね。今から企画書を準備したとしても、来年いっぱいで発売できるかどうかってところ。

長いね、道のりは長いよ。

2019年の目標について書いてたのに、いつの間にか2020年の話になってるよ。

 

来年のことですら鬼が笑うっていうのに、再来年の話したら鬼どうなっちゃうの??

笑い過ぎて過呼吸になるんじゃない?? 鬼大丈夫??

 

……なんて、また話が飛んじゃいましたけど、結局何が言いたかったんだっけ??

うん、そうだね、『そも恋』読んでください!! お願いします!!

sp.comics.mecha.cc

(おかしいなぁ、ミステリーについて話してたはずなのになぁ)(巧妙に? 話をすり替えて宣伝をする確信犯)

www.yumeyamaguchi.com