山口夢Official Blog

物書き(小説家・シナリオライター)の山口夢です。

じゃあ、また私が半年で11kg痩せた話する??

お題「どうしても言いたい!」

いろいろなテーマでブログを書いてみた結果、やっぱダイエットの話が強いな、と思い知らされたので、まあまた勝手気ままに語ってみるんですけど。

私が使っているアプリと、活動量計の紹介は以下をご参照ください↓↓

blog.yumeyamaguchi.com

いや正直、痩せたいと思っている人は、だいたいみんな痩せられると思うんです。

だって、私が痩せたんだよ!?(約62~3kg→51~2kg)

物書きの運動量ナメちゃだめだよ、下手したら1日100歩も歩かないんだから、コイツ。徒歩10分の喫茶店往復したって、2000歩が限界よ??

しかも、(このブログへ1度でも来たことのある方は知っているはずですが)私、無類の酒好きよ???

おまけに、めっちゃ食べる。ひどい時は人の3倍は食べる。これまで付き合ってきた男で、私より食べるヤツたぶんいないよ?? 3度の飯より酒が好き(飯も好き)なんだから。

そんな私が痩せたんです、あなたもきっと痩せられる!!(謎の啓蒙活動風)

 

私が痩せたポイントは以下の2つです。

 

①誰かに向かって啖呵を切る

こいつぁいきなり穏やかじゃないね!?

……まあ、よくあるじゃないですか。誰かに対して「ダイエット宣言」をしたり、仲間内でエクササイズの報告をし合うと、途中で挫折しにくくなる、みたいなヤツ。

いや、そんな生易しい馴れ合いのような関係では絶対だめで。

私が啖呵を切ったのは今年の2月なんですけど、私、大学時代は落語研究会に所属していて、今もプロの噺家になった先輩のお手伝いを定期的にしているんですね。

大学の落研をテーマにした作品『せんおち』は現在も好評発売中だよ!!(宣伝)↓↓

blog.yumeyamaguchi.com

もう5年ほどお手伝いをやってるんで、常連さんともかなり親しいワケなんですよ。

そのうちのひとりの方に、その日は1日中「夢~、お前太ったなぁ。ほんと太ったなぁ。いやー、太ったわ」と、言われ続けた結果────

「3ヶ月後見てろよ!? 絶対に痩せてくるからな!?」

……と、啖呵を切ってしまったんですよ。切っちゃったねー。酔ってたしねぇ~。

「お、言ったな?」とさらにあおられて、「言ったよ! 絶対に痩せる、完璧に痩せるッ」とまで返しちゃったから。痩せないワケにはいかなくなっちゃったのさ。

ここで痩せなきゃ女が廃るじゃんかー。

「見てろよ!?」って強気に出るとあとに引けない感じがしてよいです。しかも、明確に「3ヶ月後(次の落語会が開催される予定日)」という期限を決めているのが、またいい。

この期間内は、意地でも努力をしたくなります。特に、私のような負けず嫌いさんにはオススメの方法です。

江戸っ子ばりにスパーンと啖呵を切っていきましょう!!(そこはかとない落語感)

 

まあね、本当に痩せなきゃいけないとは思ってたんだ。さすがに体が重いと感じるほど太ってたから。去年の秋から今年の頭にかけて悪いことが続きに続き、そりゃ~もう酒を浴びるほど飲んでたんですよ。ひどいときは、毎日ワインを瓶1本。ゴミをまとめて置いておく場所に、瓶がずら~っと並んでた、あの頃。(遠い目)

だから、やる気に火を点けていただいてありがたいと思ってます。結果的に3ヶ月で9kgほど痩せられたし。

 

②消費カロリーと摂取カロリーを把握する

私はダイエットの専門家でもなんでもないですが、ダイエットって要するに、

消費カロリー>>>摂取カロリー

……という図式を達成できれば、自動的に痩せていくものだと思っていて。

「5分でOK!エクササイズ」とか「××を食べるだけ!(抜くだけ)」とか、基本的に無意味なんじゃないかな、という気がしています。

だからこそ、消費カロリーと摂取カロリーを把握することが、ダイエットのスタート地点です。たぶん。

私はTANITAさんの生活量計(前回の記事参照のこと)をつけて消費カロリーを計り、摂取カロリーは以下のスマホアプリを使って計算をしていました↓↓

カロリーノート/ダイエット管理(体重・食事・運動・生活習慣)

カロリーノート/ダイエット管理(体重・食事・運動・生活習慣)

  • Yasuo Shiohata
  • ヘルスケア/フィットネス
  • 無料

 各種チェーン店のメニューも載っているし、結構マニアックな献立まで参考カロリーが掲載されています。とても便利です。

 

このアプリを使うと、人間はこんなにも簡単に大量のカロリーを摂取しているのか!? と、怖くなります(笑)

TANITAさんの生活量計が弾き出した、私がダイエット中に摂取できるカロリーは約1400kcalだったんですが、そんなもんすぐだよ、すぐ!!! 大食漢の私は下手したら1食でオーバーしちゃうよ!? って感じ。

しかも、この生活量計を着けていると、人間ちょっと動いたくらいじゃ全然カロリー消費しないのな!? と、ビビります。

ほんと、10分程度歩いても、ず~っと寝てんのと変わんないって感じ。

 

意識が変わりましたよ。意識改革です。

「おおう、パスタ1皿で600kcal……1日に摂取できるカロリーのほぼ半分……やめよう。クッキー1枚200kcal!? これを消費するには一体何分歩けば……100kcalのゼリーにして、とりあえず1時間くらい歩こう」

……みたいな。

食べるの大好きマンな私としては、食べ物がカロリーという数字に見えることは少し寂しくもありましたが、背に腹は代えられない。

実際に体がぎゅっと絞られてくると、そりゃー楽しいもんです。

今では15年前のスカートも、8年前に病気して激痩せした時のパンツも、非常に健康な状態で履くことができています。

歩くことにも慣れて体力がつき、頭のなかで自然と摂取カロリーの差し引きもできるようになりました。消費カロリーを少しでも増やすために、超夜型だった生活が超朝型に変わったのには、自分でもびっくりです。(※効率主義)

いいこと尽くめだったよ、ダイエット。

 

そんでもって、3ヶ月後にちゃんと言えたからね。

「見たかッ、痩せたぞ!!!!」って。すんごい気持ちよかったよ(笑)

皆さんにも、啖呵切ったあとの爽快感を味わって欲しい山口です。

今からまたちょっと歩いてきます。

www.yumeyamaguchi.com