山口夢Official Blog

物書き(小説家・シナリオライター)の山口夢です。

【その他】2000年代前半にアメリカでオタクをしていた話

何度も言っているとおり、私オタクなんですけど。

(まあ、いろんなジャンルにおいてオタクをやっておりますが、趣味と作風が全然合ってないでお馴染みの山口でして。犯罪史研究とか民俗学の話で私に興味を持ってくださるであろう方は私の作品に興味を持ちそうになく、作風から逆算して考えると、どうしても1番ポップな趣味・アイドルオタクの話をせざるを得なくなるというわけです。難しいね、世の中)(ま、いずれ犯罪史研究も民俗学の話もするけど)

 

……と、いうワケで、本題です。
blog.yumeyamaguchi.com

 ↑↑これを書いている時に、実は20年前のことをいろいろと思い出したんですね。

なので、私の記憶が薄れないうちに、備忘録もかねて20年近く前のことをちょろちょろっと書いていきたいと思います。

 

『20年前のあなたと私へ』のあと、半年ほど経ってから、父親の仕事の都合で我が家はアメリカ・ボストンへ移住することになります。

あれは、中学2年生の夏休みでした。

……時代は2000年ですよ?

携帯はもちろんガラケーだし、インターネットがようやく一般に浸透して誰でも使えるようになった頃のことです。(ガガガ―ピーッって音と共に、いちいちネットへ接続していた時代ね)

今のようにネットテレビや動画配信サービスが充実していたワケでもなく、音楽をダウンロードで楽しむという概念すら生まれていませんでした。

つまり、

まあ~オタクをやりづらいのなんのって!!!

 

たとえばアイドル誌

船便でどんぶらこっことやって来るから、〇ヶ月遅れなんてのは当たり前。

もちろん種類は少ないし、ちょっと高い。(送料分上乗せ)

(日本にいた頃は雑誌を買ってもらえなかった私も、情報難民になっていくのを見るに見かねてか、親から月に1冊ならいいよ的な許可を貰えたので)MyojoにしようかポポロにしようかDuetにしようか、「〇〇くんの1番写りがいいヤツ選ぶからちょっと待って!」と、真剣に悩んでいました。(ま、これは〇ヶ月遅れ以外、中高生オタクあるあるだと思いますけどね)

 

次にテレビ番組。

とある日本食料品店に、日本で放送されているメジャーな番組を2週分録画したVHS(※DVDではない)が貸し出されておりまして、ど~しても観たい番組は、親と要相談でレンタルしてました。

これまた2週分を録画した上に、船便でどんぶらこっこコースのため、〇ヶ月遅れは当たり前。「メジャーな」番組だけなので、ラインナップにないものがほとんどです。

インターネットや雑誌から、自担が出演する番組の情報だけは入ってくるのに、観れないというジレンマ。

飢えるね~、飢える。もはや太平洋が憎いレベルです。隔てるなよ、私と自担を。

……っていうか、あのレンタルVHSって誰が録画して船便で郵送してたんだろう。たぶん一般の方がやってたんだと思うけど、今から考えると完全に違法(ry

みんな日本のものに飢えていた時代だし、時効ということで許していただきたい。

 

また、テレビは(確か)日曜日の夜に、国際チャンネルの枠を2時間だけフジテレビさんが保有していて、その番組表は以下のとおり。

 

・フジテレビのドラマ(安定の遅れ放送)

・HEY×3MUSIC CHAMP(を、30分に編集したもの)

(みんな大好き)ドラゴンボール

 

……えっ!? 1時間番組を30分に編集しちゃうの!?って話で。編集しちゃうんですよ。毎回1~2組がバッサリ切られてるんです。

オープニングトークでアーティストがずらーっと横に並ぶんですけど、こちらでは放送されない人(グループ)もちょろっと見切れてるのがやるせない……。

たとえたいして興味のないアーティストでも、出演を知ってしまうと観たくなるのが人情というもの。それがましてやそこそこ好きな人や大好きな人だと、のたうち回るほどに悔しいんですよ。

しかし、カットです。容赦なくカットです。

(vsセルとvs魔人ブーは日本でも繰り返し観てるから!! 展開めちゃくちゃ暗記してるから!! ……と、毎週歯がゆかった思い出)

Twitterでオタ仲間と交流するようになってから、地方住みの人には「ローカルの壁」というものがあることを知りました。 それと似たようなもんですかね。同じ国なのに……って思ってるよ)

(そういえば、ドラマもなかなかチョイスがビターで、桐生夏生先生原作の『OUT』とか放送してましたね。主婦がバラバラ殺人に手を染めるドラマです。ぜーったい家族で観るもんじゃない……けど、観てた……日本のものに飢えてたから……風呂場でのこぎりをギーコギーコ引く場面なんかを、家族3人で「おおぅ……」とつぶやきながら固唾を飲んで観てましたよ、懐かしいね)

 

ちなみに、CDは父親が出張で帰国した時やなんかに頼んでいました。

ニューヨークみたいな大都会では、日本のCDも割と豊富な品揃えだったんですけどね。ボストンでCDを買った記憶はない、かも。

誰が編集したのか分からない、いろんなアーティストの楽曲を1枚に焼いた『BEST HIT 2000』みたいなタイトルのCDが日本人家族のあいだで回ることもありましたが(たぶんこれも違法でけど時効ということで)、なぜか美空ひばりさんの『お祭りマンボ』が混ざっていたり、「2000とは……?」と首をかしげるようなチョイスだったのを覚えてます。(だから『お祭りマンボ』は歌える)

 

……こんなオタク生活を送っていたもんで、今になってTwitterで2000年前後のオタ話で盛り上がるようなことがあると、話にまーったく入れないんですよ!

オタ垢では素性も何も明かしていないため、突如として記憶喪失みたいになりますww(某超大人気グループのデビューもリアルタイムでは見てないからね! 伝説のスケスケ衣装も過去映像で知りました)

いや~、20年前が未だに尾を引いてるね。ま~だ浦島太郎気分を味わってますよ。オタク、昔の話繰り返しするの好きだからね~!! そのたびに記憶喪失だよ、ちくしょうめ。

でも、スーパーポジティブマンな私は「貴重な経験だったなぁ」のひと言で片づけることができちゃうので、まあまあ得な性格ですね。

そんな性格に関しては、昨日のブログをどうぞ↓↓

blog.yumeyamaguchi.com

いや~、現在はオタクに優しい時代でいいですね! 全世界どこにいても、まあまあオタクライフをエンジョイできて、ありがたい話ですよ。技術の進歩、最高! 20年でこ~んなに便利な世の中が来るなんて、まったく予想もしてなかった。オタクたーーーのしーーーー 

 

ま、今日も好き勝手喋くり倒しましたが。

……9.11アメリ同時多発テロが起きて帰国を余儀なくされたことは、また別の話。

www.yumeyamaguchi.com