山口夢Official Blog

物書き(小説家・シナリオライター)の山口夢です。

【物書きの本棚】とてもとてもよい本が届いた

それがこの本。

f:id:yumeyamaguchi:20190307185339j:image

『日本のファッション 明治・大正・昭和・平成』(城一夫・渡辺直樹著、青幻舎)

 

私も買ったばかりで、ほとんど目を通していないのですが、届いたものをパラパラーっと見た瞬間「買って正解!」だと分かりました。

 

現在、私は大正時代を舞台にしている作品を準備中ですが、たとえば大正時代の和装(女性)だと、こんな感じ。

f:id:yumeyamaguchi:20190307190317j:image

f:id:yumeyamaguchi:20190307190013j:image

まず、イラストが美しくて可愛い。眼福。

和装は和装でも、時期や季節、TPO、身分等によって、いろんなパターンを紹介してくれるのが、とても丁寧な本の作りをしているな、という感想です。

読者に優しい。

ちなみに、洋装になるとこんな感じ。

f:id:yumeyamaguchi:20190307190256j:image

子供服もきゃんわいー、今の時代でも通用する可愛さ。さすが大正時代ですね。

 

もう少し時代が下って1950年になると、

f:id:yumeyamaguchi:20190307190801j:image

左ページのワンピース、ふつうに欲しいですね。ファッションの歴史は回ると言いますが、なんとなく納得です。

 

こういったテイストで、明治時代〜2000年代のファッションを解説してくれているワケですが。

 

が!!

 

この本の素晴らしいところはこれだけじゃなく、巻末のおまけにあるのです。

f:id:yumeyamaguchi:20190307191145j:image

見て!!! 時代別の流行色一覧!!

さらに、その詳しい解説!!!

f:id:yumeyamaguchi:20190307191233j:image

いや、至れり尽くせりか!?!?

それがまだまだ!! 明治〜平成のファッション年表まで!!!

f:id:yumeyamaguchi:20190307191330j:image

はあーっ、痒いところぉ!!(に手が届く素晴らしいクオリティ)

 

資料として完璧。

買って一片の悔いなし、というヤツです。むしろ古本で買ってしまって申し訳ない、いくばくかの小銭(印税)を著者のポケットにねじ込まずしてどうする!? という気持ちでいっぱいです。

まあ、印税はすでに支払われているはずなんで、さらなる重版のお手伝いがしたかった。

 

このようなよい本に出会うと、「まず歴史的リサーチから、歴史的事実の確認、約400点のイラストに関する打ち合わせ、専門家による校正、膨大な量のゲラチェック……はあーっ、手間!! すごい手間!!! ありがたやありがたや……」と、出版社の方角に向けて手を合わせたくなる(笑)

職業病ですね。

 

著者の皆様の手間をありがたくいただいて、作品に生かしたいと思っております。

ほんっとーーーに膨大な労力!! ありがたい!!

www.yumeyamaguchi.com

昨日は大変申し訳ございませんでした(2回目)

どうも、昨日は深酒をしてブログが書けなかった山口です(またかよ)

私がブログを飛ばす時は、酒に酔っている時と相場が決まっているようですね。

 

昨日は髪を切りに行きまして、最近ちょっとむしゃくしゃすることがあり、珍しく最寄り駅から出たこともあって、外で飲みながら読書してたんですよ。

そしたら、そこで飲んでいた人たちと意気投合してしまい、うっかり深酒をしてベロベロになりました(笑)

いやぁ、いい年をして何をやってるんでしょうね。でも、楽しかった。

 

で、昨日書こうと思っていたことを、改めて書きます。

 

昨日また髪を切ったことはすでに書いたとおりですが、私を2年以上担当してくれている美容師さんが、来月でお店を辞めて故郷へ帰ってしまうんですよ。

とっても腕がよくて、ね。また、自分の技術にも相当な自信があり、そんな圧倒的プライドも好きで、その美容師さんを必ず指名していたんです。

2ヶ月に1回の頻度でお店へ通う私にとっては、昨日が、美容師さんと会える最後のタイミングでした。

 

今回も、非常にいい仕事をしてくださって、新しい髪色も超お気に入りです。

 

お金を払って、預けていた荷物を受け取って、「元気で頑張って下さい」と、あいさつをしたあと、「本屋で私の本を見かけるようなことがあったら買って下さいね」とつけ足して、お別れをしてきました。

「すぐに見つけられるくらい、棚に平積みされるような作家になるからね!」って。実現できなかったら、とんだ嘘つきになってしまう(笑)

 

でも、いいなぁと思って。自分の職業が。

 

たとえば、おそらくもう一生会えない人や、連絡先も分からなくなってしまったような昔の友だちも、私の著書が本屋に並んだあかつきには、私という存在を、その一時だけでも思い出してくれるんですよ。

とくに、本名でやってますからね、私。しかも、この世にふたりといないような本名だから(笑)

自分の作品が、自分の知らないところで、私と誰かを繋ぐ架け橋になる。

ちょっといいなぁ、なんかいいなぁと思います。

実際、私のTwitterアカウントを偶然見つけて、小学校の同級生が声をかけてくれたこともあるんですよ。去年、約20年ぶりに再会できました。

まあ、著作を架け橋にするには、本当に平積みされるような作家にならないといけないんですけどね(笑)頑張ろう。

 

むしゃくしゃして深酒しちゃうこともあるけど、やっぱりこの仕事が好きです。

書くということも、それにともなって起こる、いろいろな出来事も。

 

さて、とんだ嘘つきにならないよう、せっせと新作の準備でもしますかぁ!!!

(※今後は深酒しないように努力はします:笑)

www.yumeyamaguchi.com

【執筆のデスクから】迷い広告を探しております

ちょっと前に、こんなツイートをしたワケですが、

これを見かけた方、山口までお知らせ願います。

 

見たい。

 

『そも恋』とは、現在めちゃコミックさんで独占先行配信中の漫画『そもそも恋は欲だらけ』の略称なんですけど、

sp.comics.mecha.cc

この漫画の広告が、どっかに出ているらしいんですね????

 

ものすごぉくふんわりした言い回しになりますが、それもそのはず、ネットの広告ってもんは要するにアトランダムで、「見たい!」と思ったからとて見られないものなんだそうですよ。

現に、

作品を担当している編集・原作者・漫画家、全員が見れてない状況なんですね!?

編集さんはさすがに見れてるんじゃないの!? と、思うけれども、見れてない(笑)

どうやら「広告が出ている」ということは知っているのに、関係者全員が発見できていないという、この状況。

 

ツチノコかよ!?

 

いや、ツチノコは「存在するかも分からない存在」であって、広告は「確かに存在しているというのに発見できていない存在」っていうね??

どっちがマシで、どっちが発見しやすいのかも分かりませんが、とにかく、広告が出てるらしいんです。ほんと~~~~に、「らしい」としか言えないんだけど!!!

でも、実際に、めちゃコミックさんのレビューで、たま~に「広告見て読みました!」っていう人がいるんで、本当に、マジで、幻ではなく、どこかに広告が出てるそうです。

 

ちなみに、遭遇しやすい方の特徴と致しましては、

……だ、そうです。

さては、私ばかりでなく、『そも恋』チーム全員、女性向けのコンテンツをクリックしていないな!? そうだよ!! 私は今住んでいる町のグレードアップした物件ばっかり検索しているよ!? (※引っ越す予定は本当にない)

 

ふだんから女性向けコンテンツを好んでクリックしている皆様、是非『そも恋』の広告を見かけたら、忘れずスクショして、山口のブログ(※コメント解放済み)、Twitter、メール等にご連絡下さい。

チーム全員が「見たいねぇ~!!」って言ってるんです。ふつうこんなことあります!? 制作側が軒並み広告に出会えず、「見たい」とか言ってるパターン(笑)

テレビCMなら、枠を買った番組を張っていれば、いずれCMを捕獲できるけど(※ジャニオタ的思考)、ネット広告は、本当にそうはいかないんだなぁって。面白い時代だなぁって、しみじみそんなことを感じております。

 

編プロの編集さんなんて、

「連載が終わるまでに見られたらいいですね!!」

って言ってたから(笑)

いや、なるべく長く連載をやるつもりではあるけれど、なんかそう言われると、タイムリミット感じて焦っちゃうよ!? っていう(笑)

 

うちのツチノコ、見つけたらマジでご一報を。よろしくお願い申し上げます。

www.yumeyamaguchi.com

お題「どうしても言いたい!」

こんな私がラブストーリーを書いてるなんて世も末だなって

私、今のアパートに7年も住んでるんですけど、最近になって、野良猫がいっぱいうろうろしている「にゃんこストリート(命名・私)」を見つけたんですよ。

健康のため、朝晩の散歩を日課にしようとしているので、とくに夜は、にゃんこストリートを通るようにしています。

 

見て。可愛い。

(一応「右肩記念日」だから、「

お題「わたしの記念日」」に該当するかな??)

この子が1番人懐っこいですね。

「おいで」って言うと、ててててっと来てくれる。右肩にも乗ってくれる。

声も可愛いし、よく「みゃんみゃん」喋る。最高。マイハニー。

 

私は自宅で独りぼっちが基本のため、他人と触れ合うことがまったくないんですね。

マイハニー(猫)をなでなでしながら、

 

「こっ……これが他人の体温……ほのかな……ふ、冬のほのかな体温……骨ばった体の感触、人の手……毛、柔らかい髪の毛……」

 

と、にゃんこの体を人間に見立て、すでに忘れ始めている他人との触れ合いを思い出しているのです。

一体何をやっているのやら。

しかし、マイハニーの毛並みが柔らかく、まるで誰かの頭をなでこなでこしているよう……ごつごつした背骨は、さしずめ男性のおててといったところでしょうか。

今、調べたところ、猫の平均体温は37度後半~39度前半なんだそうで、人間よりはすこ~しあったかいようですが、外で暮らしているにゃんこだからか、はたまたふっさふさの毛を通して触っているからか、本当にほのかな温もりなんですよ。

奥ゆかしく、優しい。

これが、人の温もり……(※猫です)

 

あとね、他人の話に相づちを打つ幸せね??

「にゃあ」「そっかぁ、にゃあだねぇ」「にゃあ」「うんうん、にゃあだねぇ」「にゃあ」「にゃあかぁ、にゃあだよねぇ」「にゃあ」「にゃあ」……

一体何をやっているのやら。

しかし、これがまあ穏やかな時間で。

好きな人(猫)と中身のない話をするのって、すごい幸せなことなんだなぁって……もう、相手が人間だった頃のことは、遠い記憶過ぎて、あんまり思い出せないんですけども(笑)

 

まあ、タイトル通り、「こんな私がラブストーリーを書いてるなんて世も末だな」って(笑)

はるか昔の記憶と、マイハニー(猫)との触れ合いをベースにして、今の私は恋愛ゲームや、漫画『そも恋』を……ん?? 『そも恋』はラブストーリーか……?? ギャグ漫画では……?? いや、ラブコメ……うん、ラブコメだから一応ラブストーリーか。

 

(仕切り直し)

 

はるか昔の記憶と、マイハニー(猫)との触れ合いをベースにして、今の私は恋愛ゲームや、漫画『そも恋』のシナリオを書いております。

(そも恋の購読は各漫画配信サイトからよろしくどうぞ!!)

sp.comics.mecha.cc

www.cmoa.jp

(ゲームに関しては、私の公式サイトをご確認ください)

www.yumeyamaguchi.com

こんなこと書いたあとだと、私の作品読むたびに猫がチラついちゃうかな??(笑)

でも可愛いでしょ?? マイハニー。

最後に、どこにも出していないお姿を大公開♡♡♡

f:id:yumeyamaguchi:20190303222950j:plain

体やんわらかいねぇぇぇええ♡♡♡♡

(※よく見ると、体の両脇に両手が来ている。どんな体勢だ、可愛いのぉ)

 

以上、私が猫にでれでれしているだけの話でした。

(※Twitterのフォローもよろしくね!! 特に中身のある話はしないけど!!)

www.yumeyamaguchi.com

【執筆のデスクから】この現象に名前をつけて欲しいんだけど

さあ、今月もやって参りました。

ついこのあいだ本稿を書き終わったと思ったら、もうゲームのプロットを立てるお時間です。週明け〆切。ひええ。

もう約5年ほぼ毎月3本ずつシナリオを書いていて、月の頭にプロットを立てる際、必ず「もうアイデア出ない、無理」みたいなことを言っておりますが、なんだかんだ言って、ちゃんと3本書き分けてるんですよね。不思議。

 

で、今も「ううううううう」と唸ってるワケなんですけど、「やっぱ思いつかない!! もう今月こそいよいよ無理!! ふて寝だ、ふて寝!!」と、パソコンの電源を落とし、床にごろーんと寝転んで大判のひざ掛けにくるまった瞬間、

 

「あ、思いついた」

 

みたいなことが多いんですよ。昼でも夜でも。

本稿を書いてる時でもそう。

「あ~~~~~ッ、いいセリフ出ない!! もう今日はいかん!! 飯じゃッ、酒じゃッ、風呂じゃッ、睡眠じゃ~~~~ッ!!」と、ヤケを起こし、やっぱりパソコンの電源を落として「酒でも買いに行こう」と家を1歩出た瞬間、

 

「あ、思いついた」

 

……いや、なんなん!?

もう1回パソコンの電源点けんの面倒くさいよッ、電源消す前に思いつけよッ!! ……と、腹が立つけど、これがなかなか、電源を消さないと思いつかない(笑)

こう……悩んでいて、ぎゅ~~~~ッと縮こまった脳みそが、ふわっと緩んで視界が開けるんでしょうか??

 

パソコンの電源以外にも、布団に入って灯りを落としたあと、とかね??

仕事を再開するには超~~~面倒くさいタイミングでポッとアイデアが出る。

一体なんでしょうねぇ、この現象は。

寝る直前なんて最悪ですよ。1度思いついちゃったらカッと目がさえちゃうし、だからといって起き上がりたくないし(笑)究極の面倒くさがりなんで。

そうなると、ぐずぐずぐずぐず布団のなかで考え事をして、いつの間にやらストーンと眠りに落ちて起きると、物語のアイデアが綺麗に終わりまでまとまってるんですね。

これはこれで不思議。

 

人間の脳は寝ているあいだに情報を整理すると言われておりますが、それは本当にそうなのかもしれないなぁと思うワケです。

眠る前に悩んでいたことが、寝ているあいだに整理され、起きてみるとあら不思議、1本の物語になってるんですねぇ、人間の脳みそってすごい。

 

まあ、ワガママを言わせてもらえれば、寝ないでもアイデアが上手くまとまって欲しいんですけど。もちろん、パソコンの電源を切る前にまとまってくれるのがベスト。

自分のやる気スイッチを、いちいちオフからオンにするのも面倒くさいでしょ。

こうやって1回休憩を挟まないとやってらんないあたりに、私の凡人たるゆえんがあるんでしょうね……泣いてないよ。

 

ちなみに、今日も1回お昼寝を挟んだら上手くアイデアがまとまりました。

寝てんじゃねぇよ、というツッコミは一旦置いといて、あと2本分のプロットが手つかずで残ってるんですけど、2回仮眠とればいいですかね??

……とかなんとか理由つけて寝たいだけの時は、ぜ~~~んぜんアイデアがまとまらないんだなぁ!!!

も~ッ、マジ人生!!!!(まったく上手くいかないんだから)

 

一応おねんねしないで頑張るつもりなんで、気が向いたらゲームで遊んでみてください。とっても楽しいものに仕上がっております。

(※タイトルを公開できるのがウェブサイトのみという契約なので、以下のページからどんなゲームなのか確認してみてください)

www.yumeyamaguchi.com

もちろん、連載中の漫画『そもそも恋は欲だらけ』も読んでみて下さいね☆☆

sp.comics.mecha.cc

www.cmoa.jp

Twitterのフォロワーさんも、随時募集中!! ひと言声をかけて下されば、おおむねフォロバも致します~!!

www.yumeyamaguchi.com

【執筆のデスクから】新作を書くのって、すごく怖い

現在、ワケあって新作のアイデアを急ピッチで仕上げている山口です。どうも。

 

新作を書くのって、すごく怖いんですよ。

なかなかアイデア組み立てが先に進みません。うえええ、書きたくないよぉ(※私は1日に1回書きたくない病にかかります。つまり、いつものヤツ:笑)

 

書き慣れている作品や、現状書いている作品の続きなら、まあ、勘どころは押さえているっていうヤツなんですけど。

まったくの新作を書くとなると、いろいろ心配や不安、懸念材料があるんです。

読者・ユーザーの皆様に楽しんでいただけるか────それより前に、出版社やゲーム会社など、先方の要望にどれだけ応えられているのか、が、商業ライターには重要なポイントになってくるワケです。

何しろ、ここをクリアしないと、受け手の皆様に作品が届くこともないワケで、企画会議を通すことが、商品・製品を形にする最大のポイントとなるんですね。

 

先方のゴーサイン出るかなぁ。

ゴーサインが出たとして、どのくらい修正しなきゃいけないのかなぁ、とか。

やっぱり、出版社や企業それぞれの方向性、求めている作品、売れ筋……等々、考慮するポイントは山ほどあり、そこにジャストフィットしていくための軌道修正は必要なんですね。

 

まあ、昨日めちゃコミックさんで第3話が独占先行配信された、

昨日、めちゃコミックさんで、第3話が独占先行配信された、

『そもそも恋は欲だらけ』という作品は、

blog.yumeyamaguchi.com

(※安定の剥き出しマーケティング)(いっそ清々しいと思って)

『そもそも恋は欲だらけ』という作品は、原作に関していえば、ほぼスルーです(笑)

ほとんど山口の放し飼い(笑)放牧です。ありがたい話ですね。

確かに、作画の茶緒先生とは、「ここのセリフはあーーでもない」とか「こーーでもない」っていう議論はよくやってます。

現に、昨日から第5話のセリフで1ヶ所、若干意見が割れて、たった今、2人が納得できる落としどころを見つけられたところです。

茶緒先生とは、結構マメに相談します。そこはやっぱり共同制作なんで、お互いが、胸を張って自分の作品と言えるよう、納得できない点を潰す作業は、かなり徹底しているんですね。

先生がセリフに納得できない⇒先生からご提案⇒私が納得できない⇒私から提案⇒微調整⇒微調整⇒微調整……みたいな作業の繰り返しです。

キャラクターの表情や描き方に関しても然り。私のほうから提案させていただくことも、もちろんあります。

パッと聞いた感じ、だいぶ面倒くさいような感じがするかもしれませんが、この作業を通して、漫画家と原作者の意思疎通、お互いが大事にしている点、作品の方向性など、見えてくるものがあると思ってやっているんですね。

楽しいです、幸せです。

 

一方で、出版社のほうは、ほぼ山口放し飼い(笑)これはこれで、本当に幸せです。

とりあえずは、指摘する点がないっていうことですから。

好きなものを好きなように書ける幸せを、思う存分味わっております。

 

次の新しい作品も、好きなものを好きなように書ける幸せを味わえるといいんですけどね。

書くの怖いよ~~~~ッ、ああああああああ、頑張らないと!!

……という気分で、新作に向き合っております。

さて、この作品は、いつ頃皆様にお届けできるのでしょうか????(※その前に、先方の企画会議を通るのでしょうか???)

Twitterでは、

……こんな大きいこと言っちゃったんで、ちょっと気張りたいと思います。

 

『そも恋』以外のゲームやノベライズ本に関しても、よろしくお願い致しますね!?

www.yumeyamaguchi.com