山口夢Official Blog

物書き(小説家・シナリオライター)の山口夢です。

漫画原作者的、エンターテインメントの楽しみ方/選び方

昨日、「年収700万円問題(?)」でプチバズった漫画の原作者ですが。

blog.yumeyamaguchi.com

ありがたいことに、私のツイートにもたくさんの反応をいただきました。

皆様、本当にありがとうございます。ツイートにもあるとおり、どんな形であれ、作品が注目されるのは大変に嬉しいこと。昨日から、ワタクシほくほく気分です(*'▽')

 

なかには、批判される/叩かれることを心配して下さる方もいらっしゃいましたが、この700万問題に関していえば、批判を受けているつもりは全然なくて、どれも貴重なご意見だと思って読んでおります。

昨日の「金銭感覚は十人十色」と一緒で、100人の読者さんがいれば100とおりの、1000人いれば1000とおりの感想と、作品の捉え方があるはずです。

それが肯定的でも否定的でも、作者としては「なるほどなぁ、そういう受け取り方があるワケかぁ」と、ありがたく思うよりほかに、何もできません。

 

いいんです、別に。否定的でも。

 

否定的な意見を抱いた人は、残念ながら作品から離れていってしまうだろうし、肯定的な人は残って下さる、それがエンターテインメントです。

それが否定とまではいかなくても、なんとなく「合う/合わない」、「面白い/面白いと思えない」といったことがあるでしょう。

私も本が好きでよく読みますが、巨匠と言われる先生が書いた名作と呼ばれる作品でも「なんかこう……内容が頭に入ってこねぇんだよな」みたいなことは多々あるんですよ。

これはもう感性の問題で、文体とか間の取り方とかセリフ回しとか扱う題材とか、そのすべてが私の感性とはカスりもしないという単純な悲劇でして、それを「え~~~っ、あの名作が読めないなんて頭おかしいんじゃないの!?」と罵倒されても、「ええ……そんなこと言われてもしょうがないじゃん……」ってな感じなんですね。

 

だから、今度は書き手に回った場合、「お前の書く漫画はつまんねぇんだよ!!」と批判されても、「まあ、そう思う人もいるよね」としか言いようがない(笑)

 

そして、私のようなしがない凡人クリエイターは、凡人であることを強みにして、なるべく多くの人の感性にカスって好いてもらえるような作品を書いてヒットさせる──というのが、毎度の目標なんですよね。かなり至難の業ですが。

 

ま、創作に対する私のスタンスはこんな感じなんで、皆さんも遠慮なく「面白い!!」とか「つまんない!!」とか仰って下さいね。

エンターテインメントは、きっとそれで正解です。

とはいえ、ここまで書いといてなんですが、「面白い!!」と言って下さった方には神対応になりますし、「つまんない!!」側の方にはおそらく塩対応になります(笑)だって、私も人間だし(笑)感性の合う人と一緒に盛り上がりたいじゃないですか(笑)

「つまんない!!」と言われたところで、「まあ、そう思う人もいるよね」以外に返せないし、これ自体がすでにかなりの塩対応ですからね(笑)

 

できれば「面白い!!」という感想を積極的に伝えていただけると助かります。『そもそも恋は欲だらけ』、みんな読んでね!!

f:id:yumeyamaguchi:20181223172759j:plain

sp.comics.mecha.cc

 

f:id:yumeyamaguchi:20190502211148j:plain

f:id:yumeyamaguchi:20190502211152j:plain

f:id:yumeyamaguchi:20190502211144j:plain

 

www.yumeyamaguchi.com

「年収700万円は高収入か??」問題を原作者自身がちょびっと語ってみる

今、Twitterで「700万」を検索すると、「年収700万円は高いか否か」という論争が巻き起こっているワケなんですけれども、その発端はこのツイート。

f:id:yumeyamaguchi:20200708183917p:image

でもって、このツイートで引用されている漫画が『そもそも恋は欲だらけ』なんですよ。

f:id:yumeyamaguchi:20190329225106j:plain

sp.comics.mecha.cc

どうも、原作者です(笑)
 

いやぁ、どこでどう作品が話題になるか分かりませんね。いわゆるプチバズり状態というヤツでしょうか。「フィクションくらい景気よくやってくれ」という、決してポジティヴ寄りではない意見ではございますが、作品を話題にしていただいたこと、原作者と致しましては非常にありがたい限りです。

年収700万は高いか否か──皆様の意見ツイート、楽しく拝読させていただいております。感想と致しましては、十人十色といったところでしょうか。

 

「700万円でドヤれるワケない」

「20代で年収700万ってそこそこ高収入」

「700万でこんなブランド品しか買えないのか」

「700万でこんなブランド買ってたら破産」

「作者金持ってねぇんだろうな、哀れwww」

「これ書いてる人の金銭感覚めっちゃリアル」etc. etc…

 

まあ、金銭「感覚」というだけあって、年齢・性別・職業・生活環境・趣味嗜好等々、皆さんの置かれている環境によって、「年収700万円」というひとつの目安の捉え方が、こんなにも違ってくるんだなぁという印象です。

とても興味深い。

たとえば、同じ絵を見て「綺麗」か「綺麗じゃない」か、「上手い」か「下手」か、その辺の感覚が人によって分かれるのは、まだ理解できるじゃないですか。

絵画には、明確な判断基準というものがありませんからね。あくまでも、各人の「好み」によって判断される部類のものと言えるでしょう。

ところが、明確な数字を持っているはずの「金銭」でも、受け取り手によってここまで意見が割れるという事実は、正直、目からうろこでした。

金銭感覚という言葉の「感覚」とは、本当に「感覚」を指していたのだな、と。

いいですね、新しい気づきです。金銭感覚にも正解はないということなのでしょう。

 

ま、作者が金持ってねぇのは正解ですけどね(笑)

作画家さんと比べてギャラが半分以下の原作者なんて金持ってねぇですよ、悲しいかな(笑)

 

──それはさておき、「年収700万円は高収入か否か」って話に戻るんですけど。

この議論がプチバズッたのは今日が初めてのことなのですが、実は以前から、『そも恋』広告ツイートのリプ欄で、この手の議論は細々と交わされていたのですよ。

興味のある方は、このツイートのリツイート欄/リプ欄を見てみてくださいね。

 

で、やっぱり大幅に割れがちな意見を受けた、私のツイートはこちら↓↓

そう、今の時代、20代で年収600万円以上は十分に高収入だそうですよ。なんたって全体の4%以下ですから。

『そも恋』の企画段階から、ある程度のリサーチをしたうえで弾き出した泰輔の年収なんで、現実とそこまでの大幅なズレはないはず……と自負はしておりましたが、現代日本において、700万円はやっぱり高収入らしいです。

この数字と事実で、今の日本が貧しいかどうかを判断するのも皆様次第──各人の金銭感覚に委ねることに致しましょう。

また、「その程度でドヤッてんじゃねぇよ」という意見も散見されますが、これはヒロイン目線の妄想なんで、泰輔自身がドヤッているワケではないんです。……が、これは元ネタツイートの画像1枚じゃ分からない事実なんで、こういった意見が出ることも当然といったところでしょうか(笑)

 

そして、たとえ年収700万が地味にリアルな高収入の金額だったとしても、元ネタツイートにあるとおり、「フィクションならもっと夢を見させてくれ」と、言いたくなる気持ちも分かります。分かり過ぎる。

が、しかし、ここは企画を立てた原作者として、ハッキリと申し上げたいことがあるんですね。

確かに、「億万長者でイケメン☆☆ こんな一般人の私がハイスぺ男子と恋に落ちるなんて……!?」みたいな夢のある漫画、面白いっすよね。超シンデレラストーリー。女子の憧れ。トキメく。分かる。分かり過ぎる。でも、よくある。よくあるんです、この手の漫画。あり過ぎるから、

 

企画会議通らないんですよ(笑)

 

……残念ながら。

「他の作品と差をつけてもらわないと困るんですよね~~」と言われる未来が見える、見えるぞぅ(笑)「この漫画の売りって何なんですか??」「これじゃネットコミック市場で埋もれちゃいますねぇ」とも絶対言われる。

だからこそ、『そもそも恋は欲だらけ』は読者に夢を見せないリアルテイストでお送りしております(笑)わぁ、残酷☆☆

今作は、もともとの企画段階から、ヒロインを「年収1000万円以上が狙いだけど、ここでバッサリ捨てるには惜しいから700万円はとりあえずキープしておくか」と考えるキャラに設定しておりまして、ここにもリアルの種を撒いているってなワケなんですよ。

「理想は高いけど、現実的な妥協から始まる恋」っていうね(笑)

 

漫画に夢を見たい方には他の作品を読んでいただくしかないのですが(笑)、基本的にはギャグ漫画ですし、男性の皆様にも楽しんでいただける作品となっておりますので、今回の700万問題で興味を持った方々にも『そも恋』を読んでいただきたく思っております。

皆さんが漫画をご購入して下さると、金持ってねぇ原作者がちょっと潤います(笑)潤ったら、私の金銭感覚に変化が訪れるかもしれません(笑)

 

さて、長々と書いて参りましたが、本日の結びと致しまして。

年収700万円でここまで議論が起きるなんて、「逆にめちゃくちゃいい線ついてるってことじゃね??」と、ポジティヴシンキング中のワタクシです。担当編集者とも、「これはいいコンテンツを作れたという証拠では??」と話し合っておりました。

どんな形でも話題にしていただけて、本当に感謝しかありません。

また、いろんな方の意見を目にすることができて、マジでめちゃくちゃ勉強させていただいております。この学びが、明日以降の創作に還元されていくはずです。

 

うん、面白いね。創作ってやっぱり面白い。自分の書いた作品をとおして、会ったこともない人たちがいろんな考えや意見を抱き、それがちょっとした話題になるなんて、こんな仕事をしてなけりゃ、ちょっと味わえないような経験ですからね。

さ、明日からもポジティヴに原稿書いていきまっしょい。

 

(↓↓あ、興味のある方はほかの作品も買って私を潤わせて下さいネ:笑)

f:id:yumeyamaguchi:20190502211148j:plain

f:id:yumeyamaguchi:20190502211152j:plain

f:id:yumeyamaguchi:20190502211144j:plain

 

www.yumeyamaguchi.com

「誰もが喜んじゃうボリューミー罪深おつまみ」できました

↑↑このTwitterでも分かるとおり、今日の私はマジ偉過ぎのえらえら(?)なので、偉過ぎのえらえらマン用におつまみを作りました。その手間もえらえら。

f:id:yumeyamaguchi:20200707225718j:plain

マッシュポテトとチーズの豚肉巻き~甘辛仕立て~

  1. 濡れキッチンペーパー+ラップで包んだじゃがいも1個を電子レンジで4分チン
  2. ①に牛乳+塩コショウで味つけし、マッシュポテトに
  3. 豚肉の薄切り(今回は肩ロース)に塩コショウしたもので、とろけるチーズと②を巻く
  4. 両面こんがり焼く
  5. 醤油+砂糖+酒を混ぜたものを、④にかけて煮詰める──完成!!

むっっっっっちゃくちゃ美味いよ!!! マジ罪深い味。

 

白ワインが止まりませんね。お仕事頑張ってよかった。

昨日2話を書き上げて、

blog.yumeyamaguchi.com

本日3話を書き上げたので、明日もう1度ミスや個人的な修正箇所がないかどうかを確認して、先方へ送付したいと思っております。

 

さっ、連載中/連載準備中/企画書制作中をあわせて計7本ほどの作品を同時進行で考えておりますので、明日も一生懸命お仕事させていただく所存です!!

頑張るぞ。

連載中の作品も買ってね!!!!(※大声)

f:id:yumeyamaguchi:20200630212109j:plain

sp.comics.mecha.cc

f:id:yumeyamaguchi:20190502211148j:plain

f:id:yumeyamaguchi:20190502211152j:plain

f:id:yumeyamaguchi:20190502211144j:plain

 

www.yumeyamaguchi.com

現在、連載4本執筆中──2本準備中──

やった♪♪ やった♪♪

脱稿しました。

 

現在、

①『そもそも恋は欲だらけ』:連載中

f:id:yumeyamaguchi:20200630212109j:plain

sp.comics.mecha.cc

②次回作『(タイトル公表前)』:今月末連載開始

③次次回作『(タイトル未定)』:準備中

④次次次回作『(タイトル考案中)』:準備中

 

……という状態でして、準備中の作品も含め4連載分の原作シナリオを同時進行で執筆しております。ちなみに、内訳は──

こんな感じ。

月刊2本(うち1本が『そも恋』)、週刊2本ね。

 

なかでも、先ほど第2話を書き上げた次次回作は、「実はずっとやりたくて仕方がなかったジャンル」をやらせていただいており、もうね、書くのが楽しくて楽しくてニヤニヤしちゃってます(笑)

筆もなめらか~~~~~☆☆

次次回作を含む2本は現在準備中で連載も確定ではないのですが、すでに原稿を書いてるからには、何があっても食らいつき、粘って粘って粘りまくって、連載を決めたいと思っております!!

早く皆様に読んでいただきたいよ~~~~!!

 

増やすぜ、連載!!

 

実は2、3話同時提出なんで、今日明日中には3話も脱稿しちゃう予定です(ニコッ)

山口やる気満々です☆☆

 

ちなみに、⑤⑥⑦本目の企画書も鋭意制作しております。増やすぜ、連載。

 

f:id:yumeyamaguchi:20190502211148j:plain

f:id:yumeyamaguchi:20190502211152j:plain

f:id:yumeyamaguchi:20190502211144j:plain

 

www.yumeyamaguchi.com

前日のおつまみを翌日の昼食に再利用──簡単おうどん──

 昨日、本気でおつまみを作った私ですが、

blog.yumeyamaguchi.com

「鶏そぼろとネギの出し巻き」で使用した鶏そぼろを、今日の昼ご飯にちゃっかり利用しちゃってるんですね。

f:id:yumeyamaguchi:20200705234409j:plain

鶏そぼろの冷やしおうどん

まだまだ鶏そぼろは余ってるんで、近いうちに炒り卵と一緒にそぼろ丼を作りたいと思っております。

つまみにも食事にも使える作り置き、鶏そぼろ。最高ですね!!!

鶏ひきにくをごま油で炒め、味付けは、砂糖+醤油+酒+しょうがでOK。ベーシック。ベーシック過ぎて、レシピも必要ないくらいですね。

 

こんなにも簡単で美味しいお昼ご飯を食べながら、本日の私は──

漢字ナンクロを解いてただけ──ッ!!!

 

仕事して下さい。はい、すみません。原稿書きます。パズル全部埋まったら。(おい)

 

f:id:yumeyamaguchi:20190502211148j:plain

f:id:yumeyamaguchi:20190502211152j:plain

f:id:yumeyamaguchi:20190502211144j:plain

 

www.yumeyamaguchi.com

今夜は本気のおつまみで日本酒を

宣言通り、

blog.yumeyamaguchi.com

本日はおつまみパーティーを開催致しました!!!(わぁ~~、ぱちぱちぱち)

f:id:yumeyamaguchi:20200704223850j:plain

本日のお品書きは──

・鶏ハム

・鶏そぼろとネギの出し巻き

イワシなめろう

・こんにゃくとちくわのきんぴら

・ズッキーニのナムル

 

いんやもう日本酒が進む!!! 最高ですね。えっへへ。

 

ちなみに、まったく話は変わりますが、眼鏡を新調しました。

f:id:yumeyamaguchi:20200704230019j:plain

8年前に購入した眼鏡のツルが折れそうで、先週視力検査をして、新しく作ってみました。ブルーライトカットです、目にも優しい。仕事もっと頑張れる。

 

しかし、視力が馬鹿落ちしてました(笑)

 

8年前に作った眼鏡は問題外、常用しているコンタクトレンズすら、ほとんど視力があっていないという有様(笑)道理で世の中がぼんやりしてると思ってました。

今もう超クリアな視界!!!

明日は最高の原稿が書けそうです(※単純)

 

では、今夜は日本酒が回ってきたので、この辺で(笑)おやすみなさーい。

 

f:id:yumeyamaguchi:20190502211148j:plain

f:id:yumeyamaguchi:20190502211152j:plain

f:id:yumeyamaguchi:20190502211144j:plain

 

www.yumeyamaguchi.com

【再々々々々々々々々々々々々々々々々々々々々々々々掲】なんですけど【どうしますか??】

宣伝、見てね!!!(※パソコンの電源が切れそうです)

 

f:id:yumeyamaguchi:20190502211148j:plain

☆ゲーム☆

『うっかり探偵の大正事件録(仮)』

キャラクターデザイン:飯田せりこ

(カラメルカラム、2019年配信予定)


うっかり探偵の大正事件録(仮) プロト版ティザームービー

『NEWSに恋して』GREE.Inc、2018年~)

newsnikoi.jp

『ラブセン~V6と秘密の恋~』(CYBIRD、~2016年)

and more...

 

f:id:yumeyamaguchi:20190502211152j:plain

☆漫画☆

『そもそも恋は欲だらけ』

作画:茶緒

双葉社・めちゃコミック、2018年~)

sp.comics.mecha.cc

www.cmoa.jp

booklive.jp

renta.papy.co.jp

and more...

 

f:id:yumeyamaguchi:20190502211144j:plain

☆書籍☆

『せんおち―千早大落語研究会物語―』

絵:上原た壱

パラダイム出版、2016年)

www.amazon.co.jp

明治日本の産業革命遺産

監修:金谷俊一郎

(アントレックス、2015年)

『ヤマノテロマンチカ』

絵:シロジ

(電書館、2013年)

and more...

 

www.yumeyamaguchi.com

今週のお題「好きな漫画」