山口夢Official Blog

物書き(小説家・シナリオライター)の山口夢です。

好きになって損はない女でいたいと思うのです―恋愛の話ではありません―

昨日書きましたとおり、Renta!さんの公式プロモーションで、連載中の漫画『そもそも恋は欲だらけ』を宣伝していただきまして、

blog.yumeyamaguchi.com

宣伝のおかげか、ランキングでも好成績を残すことができました。

そして、漫画サイトさんのレビューだけではなく、Twitterでも感想をアップしてくださる方が増えて、涙がちょちょ切れるほど嬉しい山口です。

 

楽しんで読んでくださってる皆さん、本当にありがとうね。

無料試し読みだけでも嬉しいよ。

 

繰り返しになってしまって誠に申し訳ない限りではございますが、『そもそも恋は欲だらけ』をよろしくお願い致しますね。

f:id:yumeyamaguchi:20190730193813j:plain

renta.papy.co.jp

sp.comics.mecha.cc

www.cmoa.jp

booklive.jp

 

……さて、明日は以前出版した『せんおち』という作品の発売記念日です。

f:id:yumeyamaguchi:20190821210039j:plain

そんな記念日に向けて、私(?)にはいろいろと準備がございますので、

今日はこの辺で。1番忙しいであろう、サバ寿司好き太郎さんにもよろしく伝えておきます。

 

f:id:yumeyamaguchi:20190502211148j:plain

f:id:yumeyamaguchi:20190502211152j:plain

f:id:yumeyamaguchi:20190502211144j:plain

 

毎日恒例の宣伝を挟みまして。

私の作品を好きになってくださった皆様には、福利厚生ではございませんが、何年経っても「好きになってよかったぁ」と思っていただけるように、あれこれ手を尽くしていきたいという気持ちがあります。

私の(作品の)こと、好きになって損はさせませんよ、だからよろしくね??(笑)

www.yumeyamaguchi.com

(たぶん)ちょっと売れてきてる(と思う)漫画を紹介するぜっ!!

聞いてくださいよ、ついにやりましたよ。

連載中の漫画『そもそも恋は欲だらけ』Twitterの公式プロモーションで取り上げられました~~~~~!!!

やったーーーー、Renta!さんありがとうございます!!

renta.papy.co.jp

renta.papy.co.jp

運悪くこのブログを訪れてしまった皆様のなかで、Twitterのアカウントをお持ちの皆様は、上記の公式プロモーションをリツイート&いいね! していただけると嬉しいです!!

こういった宣伝のリツイート数が、今後の販売方法や連載継続にどのような影響を及ぼすのか、私もイマイチよく分かってはおりませんが、多いにこしたことはないはずなんで、心優しき皆様におかれましては、ご協力のほどをよろしくお願い致します。

 

なんたって、リツイートするのはタダ!!!!(笑)

 

指先ひとつのポチッという作業オンリーですからね、何卒何卒。ともに作品を盛り上げてくださったらありがたいなぁと思う次第です。

 

ちなみに、公式プロモーションの効果でしょうか、Renta!さんにおける『そも恋』の順位が、

f:id:yumeyamaguchi:20190822222434p:plain

f:id:yumeyamaguchi:20190822222353p:plain週間ランキングのヤングレディース部門において、分冊版第8位&単行本第14位をいただきました!!

やった~~~~~、皆さん画面の前で拍手をどうぞ~~~~~!!!(ぱちぱち)

 

ありがたいですね、本当にありがたいです。

楽しく(好き勝手に:笑)書かせていただいている作品が評価されるということは、こんなにも嬉しいものなんですね。

今後も精進してくだらないギャグをいっぱい量産していくことを誓いますので、応援のほどをよろしくお願い申し上げます!!!

 

f:id:yumeyamaguchi:20190502211152j:plain

f:id:yumeyamaguchi:20190502211148j:plain

f:id:yumeyamaguchi:20190502211144j:plain

 

毎日恒例の宣伝を挟みまして。

それにしても、Renta!さんの公式プロモーション見ていただけました??

冒頭部分だけ切り取ると、なんかふつうの漫画みたいだよね!?(笑)

ゲスなセリフとか

f:id:yumeyamaguchi:20190505233016j:plain

変な肩書きとか

f:id:yumeyamaguchi:20190813204931j:plain

札束マンとか

f:id:yumeyamaguchi:20190817152556j:plain

掲載されてないから、実際読んだ人がびっくりしないかな!? 大丈夫!?(笑)

 

まあ、いいや。びっくりしても好きになってもらえたら。

っていうか、これはもう「ちょっと売れてきてる」って言ってもいいのかな?? まだハッキリと断言はできないんだけど(笑)

「売れてます!!!!」ってズバンッと言い切れるくらいまで伸ばしてやりてぇな、よしよし、頑張ろ頑張ろ。

www.yumeyamaguchi.com

ブックマークをして下さったら私が泣いて喜びます

やだ~~~~~~、昨日真面目にブログ書いたら、

blog.yumeyamaguchi.com

いつもの宣伝ブログより、アクセス落ちたじゃないですか~~~~~~。

かなり時間かけたのにぃ。

 

じゃ、遠慮なく宣伝しちゃうよ????

f:id:yumeyamaguchi:20190730193813j:plain

現在連載中の漫画『そもそも恋は欲だらけ』読んでね!!!!

sp.comics.mecha.cc

www.cmoa.jp

renta.papy.co.jp

booklive.jp

bookwalker.jp

 

そして、こちら3年前の小説/ドラマCDではありますが、そろそろ発売記念日でして、

『せんおち―千早大落語研究会物語―』のほうも、『そも恋』と併せてチェック&(ご興味があったら~……と言いたいところだけど、出来得る限り)ご購入していただけたら嬉しいです。

f:id:yumeyamaguchi:20190821210039j:plain

https://www.amazon.co.jp/せんおち〜千早大学落語研究会物語〜-山口夢/dp/4801523013

https://www.amazon.co.jp/声優落語CD「せんおち-千早大学落語研究会物語-」-小野坂昌也/dp/B01GU99D2U/ref=pd_sim_14_1/358-5916136-7064822?_encoding=UTF8&pd_rd_i=B01GU99D2U&pd_rd_r=16f04203-e5a6-47e1-b5ba-cbc069c3aa52&pd_rd_w=H6j30&pd_rd_wg=wsXhh&pf_rd_p=b88353e4-7ed3-4da1-bc65-341dfa3a88ce&pf_rd_r=9QMX7RZCY7BMZBA7KSF6&psc=1&refRID=9QMX7RZCY7BMZBA7KSF6

ノベライズはKindle版もあるんで、皆様のお宅の本棚を圧迫することなく読んでいただけることでしょう。

 

『そも恋』『せんおち』ともに、よろしくお願い申し上げます!! 

その他の作品も、何卒何卒。

 

f:id:yumeyamaguchi:20190502211148j:plain

f:id:yumeyamaguchi:20190502211152j:plain

f:id:yumeyamaguchi:20190502211144j:plain

 

毎日恒例の宣伝を挟みまして。

宣伝のブログに宣伝を重ねていく高度な宣伝ですね(「宣伝」がゲシュタルト崩壊:笑)

少しでも自分の作品を知っていただきたく、毎日このブログを読んでいる稀有な方(いるのか??)にとっては変わり映えのしない内容で申し訳なく思ってはおりますが、あとちょっと我慢願います。

読んでくださっている皆様、ブックマークのほうもよろしくです!!

www.yumeyamaguchi.com

キャラが先か、構成が先か―漫画原作の作業冒頭、超個人的覚え書き―

無理かと思ったけど、〆切ちゃんと守ったんぬ。(※褒めて)

今日は主に、新作のキャラクター一覧表と物語中盤までの展開を表にしたフローチャートを作成して先方に送付しました。

 

ちょっと真面目な話をすると、小説家やシナリオライターなど、おもに「物書き」と言われる人は、大きく分けて「構成から作る派」と「キャラから作る派」がいて、そのどちらにも利点と欠点があるワケですよ。

……って、大学の時にシナリオの講義で習いました(笑)

私は物書きの知人・友人が少ないし、いてもストーリーの作り方なんて真面目な話はせず、「お酒美味しい」「毎日楽しい」くらいの話しかしないから、他の人の創作法なんて詳しく知らないんだけど。

 

当時の講義によると、「構成から作る派」は、ワクワクドキドキの面白展開を描きやすいが、展開に固執するあまり、キャラクターが枠にハマってしまう結果、人間らしいキャラを描けない。

反対に「キャラから作る派」は、人間味の溢れるキャラクターが最大の魅力となるが、キャラの意思を尊重するあまり、展開が緩くなりがちらしい。

また、「起承転結」の「承」で詰まる場合はキャラクターの作り込みが甘く、「転」で詰まる場合は構成の作り込みが甘い……んだったかな。ごめん、「承」と「転」が逆かもしれない(※もう10年以上前に聞いた話だから、間違ってても許してちょ:笑)

さらに、作品を書いていく上で、物語の展開的に面白い「構成」を取るか、登場人物の心情を裏切らない「キャラ」を取るか、迷い悩み苦しむ段階が必ずやってくる、と。

……あくまでも、当時の講義によりますが。

 

学生の頃はイマイチピンと来なかったけど、今ならまあ少しは分かる気がします。

ちなみに、私は基本「キャラから作る派」。

とはいっても、根が飽きっぽくて集中力がないせいか、キャラをふんわり作りながら、ちょっと構成も考えてみて、その構成に合わせてキャラの軌道修正をしつつ、また続きの構成を考える……的な?? 一応、いいとこどりをしているつもりです。

そもそも、まだな~~~~んにも決まっていない段階で最初の構想を練る際、キャラも展開もごった煮のメモを取るんですよ。

「こんな人出したい」「こんなシーン書きたい」みたいな。

そういった点と点を繋ぎ合わせる、というか、1個1個のつみきを順に積んでいくような感覚で、物語を作っているような気がします。

 

ただ、あのね、これは「私いいとこどりして物語が作れるすげぇライターでしょ??」っていう自慢ではなく、この方法にも大きな欠点があって、すんげぇ面白いものが作れることもあれば、「構成」と「キャラ」どっちつかずの「うすぼんやりした何か」ができることも大いにあるのです。

だいたいうすぼんやりしてるよねぇ~~~~、だからいつも方々でNG食らうんだよねぇ~~~~~。

 

そんなうすぼんやりをごまかすために私はギャグを書いているのではないか、ということに気づきかけたんですが、気づかなかったことにします(笑)

世の中、気づかないでいたほうが幸せなことっていっぱいあるよね。

 

……さて、次回作ではギャグを封じられている山口。

blog.yumeyamaguchi.com

うすぼんやりした物語を回避できるのか、こうご期待!!(つらい)

 

f:id:yumeyamaguchi:20190502211148j:plain

f:id:yumeyamaguchi:20190502211152j:plain

f:id:yumeyamaguchi:20190502211144j:plain

 

毎日恒例の宣伝を挟みまして。

これは個人的な意見ですが、漫画のシナリオを書く時は、ほかの媒体よりもキャラクターをしっかりと作っておいたほうがいいような気がします。

理由は、連載って急に延びたり終わったりするから。

状況によっては事前に想定していたエンディングなんて意味をなさず、キャラの個性や心情に頼って物語を延長/収束させなければならないため、主要キャラクターたちがまるで身近に生きているレベルで作り込まれていると非常に便利でよい、のかもしれない。

まあでも、結局漫画は漫画家さんがいることが大前提だし、編集部の思惑もあるワケで、私ひとりの意思ではどうにもならないんだけど。

キャラをそれなりに作り込んでいると、たとえばNGを食らった時、「じゃあ、こういうパターンはどうですか??」と、すぐに別案が出せるという利点があります。このスピード感は、かなり大事ね。

 

今日先方に提出したものはまだアイデアレベルのキャラクターなので、OKを貰い次第、詳細を詰めていくつもりです。

blog.yumeyamaguchi.com

blog.yumeyamaguchi.com

これがまぁ~~~~~~面倒くさいんだけどね!!(笑)

仕方ないから作るよ!! いい作品にしたいし、ここサボるとあとで困るのは自分だからね!!(笑)

www.yumeyamaguchi.com

この記事、再々々々掲くらいなんですけど皆さんちゃんと見てくれました??

寄ってらっしゃい、見てらっしゃい。

f:id:yumeyamaguchi:20190502211148j:plain

☆ゲーム☆

『うっかり探偵の大正事件録(仮)』

キャラクターデザイン:飯田せりこ

(カラメルカラム、2019年配信予定)


うっかり探偵の大正事件録(仮) プロト版ティザームービー

『NEWSに恋して』GREE.Inc、2018年~)

newsnikoi.jp

『ラブセン~V6と秘密の恋~』(CYBIRD、~2016年)

and more...

 

f:id:yumeyamaguchi:20190502211152j:plain

☆漫画☆

『そもそも恋は欲だらけ』

作画:茶緒

双葉社・めちゃコミック、2018年~)

sp.comics.mecha.cc

www.cmoa.jp

booklive.jp

renta.papy.co.jp

and more...

 

f:id:yumeyamaguchi:20190502211144j:plain

☆書籍☆

『せんおち―千早大落語研究会物語―』

絵:上原た壱

パラダイム出版、2016年)

https://www.amazon.co.jp/せんおち〜千早大学落語研究会物語〜-山口夢/dp/4801523013

明治日本の産業革命遺産

監修:金谷俊一郎

(アントレックス、2015年)

『ヤマノテロマンチカ』

絵:シロジ

(電書館、2013年)

and more...

 

……というワケで、ウェブサイトを更新するのが面倒だし、ウェブサイトだと検索に引っ掛からないため、いつもの画像に加え、実際文面に起こしてみました。

皆さんが気になるような仕事はありましたかね??

どの仕事も心血注いだ、大事で面白い作品ばかりです。

だいたいどの作品にも、無料分や試し読みがありますから、気になったものがありましたら、それだけでもクリックしてみてください。

 

それでは、よろしくお願い致します!!

www.yumeyamaguchi.com

皆さん、ここで1回ちゃんと復習しておきましょうか??―『そも恋』ってどんな漫画?―

毎日のように『そもそも恋は欲だらけ』の宣伝をさせていただいておりますが、

f:id:yumeyamaguchi:20190730193813j:plain

1回、ストーリーをおさらいしてみましょうか??

 

主人公はこのふたり。

f:id:yumeyamaguchi:20190818225655j:plain

金で男の選ぶ女・葉ちゃんと、カラダで女を選ぶ男・槍泰輔くんです。

どうしてもギャグを書かなきゃ死んでしまうマンの私、名前からいきなりボケ倒してしまいました。開始わずか4ページです。ひどい。

 

こんなふたりが目的を隠し、お互いに相手をオトしにかかるという、ある意味すでに両想いな、すれ違いラブ(?)ストーリーなんです。

ふたりの脳内は、つねに欲望と本音がダダ漏れ

たとえば、紅葉ちゃんの脳内では、泰輔の頭部が札束になっちゃったり、

f:id:yumeyamaguchi:20190817152556j:plain

お金の花がぱっぱらりやんと咲いたりします(笑)

f:id:yumeyamaguchi:20190818233958j:plain

このコマ、当初は香水の瓶に「eau de Cologne~万札の香り~」とラベリングしてあったのですが、会議の結果、より分かりやすい方向性を探った結果、こんなにも馬鹿みたいなコマが完成致しました。

我ながらやっぱりひどいとしか言いようがないんだけど、ネームの段階で私を含め、編集3人も吹き出したから、これで正解(笑)

でも、「eau de Cologne~万札の香り~」も好きなんだよねー。今のところ使う予定がないんで、皆さん率先してどっかで使っていいんですよ??

 

一方、泰輔の脳内(っていうかセリフ?? ルビ??)では、

f:id:yumeyamaguchi:20190818235041j:plain

もはやダイレクトアタックですよ(笑)

ルビだけどね?? 実際は言ってないけどね??(笑)

 

こういった駆け引きを通して、ふたりが本当の恋に落ちていく(かもしれないし、落ちないかもしれない)ブコメディが、『そもそも恋は欲だらけ』という漫画です。

独占先行配信中のめちゃコミックさんを始め、

sp.comics.mecha.cc

各漫画配信サイトさんで、最大第8話まで公開中です!!

 

皆様、ぜひ無料試し読み分だけでも!! そして、お気に召したら、ご購入を検討してください!! よろしくお願い致します!!

 

f:id:yumeyamaguchi:20190502211148j:plain

f:id:yumeyamaguchi:20190502211152j:plain

f:id:yumeyamaguchi:20190502211144j:plain

 

毎日恒例の宣伝を挟みまして。

新作の準備も大詰めではございますが、現在連載中の『そも恋』もガンガン売って、少しでも長く連載を続けたいと思っております。

 

ギャグを封じられた山口、一生懸命真面目に書く(予定)

目下、新作準備中の山口です。

 

その次回作なんですけど、なんと……「真面目な方向性でお願いします」というオーダーなんですよ。

 

えっ、『そも恋』で人の頭を札束にしたり、

f:id:yumeyamaguchi:20190817152556j:image

「怒涛の○っぱい祭り」を開催してる私にそんなこと頼むの……?? もはやギャグを書かないと死ぬ病気に罹ってるのに……??

(※祭りに関しては『そもそも恋は欲だらけ』第4話か5話あたりをご確認ください。別にやらしかないけど、はてブロの何かに抵触したら嫌なので:笑)

 

真面目ってなんだっけ(哲学)

 

新作のストーリーを考えているあいだも、隙あらばギャグの神様が降りてきて、すぐにパロディやら言葉遊びをさせようとするんですよ。

「ひとし」という名のキャラを出しただけで、頭の中はスーパーヒトシくんが没シュートですよ(笑)

 

ほんとにギャグなしでは生きられないカラダになってる……私はアイドルを栄養にして、ギャグを生み出す女……(※謎と奇跡の大転換)

 

果たしてどうなる!? 私の新作!!

 

f:id:yumeyamaguchi:20190502211148j:plain

f:id:yumeyamaguchi:20190502211152j:plain

f:id:yumeyamaguchi:20190502211144j:plain

 

毎日恒例の宣伝を挟みまして。

幼い頃よりありとあらゆる文学作品や芸術作品に触れ、三十路を迎えた今、書いてるものが札束マンに「怒涛の○っぱい祭り」って、これもどうしてそうなった、って話ですよ。

脳の回路がどうかしてんじゃないだろか。

でも、楽しいんだよねー、困ったことに(笑)

 

次回作でギャグが書けない苦しみを『そも恋』にすべてぶつけてしまうかもしれない……もしそうなったら察してね。

たぶん相当ギャグまみれになるから(笑)

 

www.yumeyamaguchi.com