山口夢Official Blog

物書き(小説家・シナリオライター)の山口夢です。

【執筆のデスクから】本日、〆切の前日につき

お題「今日の出来事」

 

(『その男、凶暴につき』のタイトルをオマージュしてみたけど、安定の全然似てない)

 

本日〆切前日のため、ずっとず~っとパソコンとお友だちしてます。

終わりません、なかなか進みません。

『そも恋』第7話、ギャグシーンはサクサク書けても、それ以外のシーンは亀ペースになります。

どんだけギャグ好きなんだ、私は(笑)
 

『そも恋』を書き上げたら、ゲームシナリオの本稿執筆に移ります。

明日ちょっと用事がいろいろあって、今夜のうちにできる限り進めておきたいのです。

 

では、今日はこれにて失敬。

ここからまたギャグシーンなんで、サクサク書いちゃうぞ~!!

みんな、『そも恋』読んで、ゲームでも遊んでね!!

sp.comics.mecha.cc

www.cmoa.jp

www.yumeyamaguchi.com

【三十路のたしなみ】果たして私は幸せなのか??

ちゃんと今日〆切のプロット出したよーーーーー!!!

 (今週の予定はこちらから)

blog.yumeyamaguchi.com

 

〆切をこなしているだけで、もう2月が終わろうとしている……このまんま行くと、体感的には明日80歳くらいになっていて、もうすぐ死ぬんじゃないだろうか(笑)

それほど、時の経つのが早いと感じる。

気づいたら、すでに32歳です。気持ちとしては、まだ20代前半なんだけど。

 

さあ、果たして私は幸せなんだろうか。

 

独身、子なし、彼氏なし、貯金なし、低所得、不安定etc. etc...

客観的に状況を並べると、とんでもなく不幸に思えてきてならない(笑)

いや、本当に。笑っている場合ではなく。

明日、連載も定期の仕事も打ち切りになったら、私は間違いなく無職だからね??

そう、無職。

うわぁ~~~~、無職の字面強いわぁ。怖い。仕事増やしてこう。怖い。

総じてこんな感じだから、世間一般的に言えば、とてもとても不幸なんだろう。私は。

 

果たして、私は私自身を幸せだと思っているのだろうか。

 

毎日楽しいけど。毎日、超笑ってるけど。

「ガラス1枚隔てた向こうの世界は常に無職」を始めとして、不安がない、というワケでもない。

夜中とか、たま~に……たま~にですが、このまんまたいした仕事の成果も残せず、この狭くて汚いワンルームで、孤独に死んでいくのかと、不安になる時もある。

ま、部屋は掃除しろって話なんですけどね?? 安定の、横のものを縦にするのも面倒くさいタイプのずぼらだから。

もしも、このまんまここで孤独に死ぬことがあるとしたら、その時の部屋もきっと汚いと思う。(開き直ってないで掃除して)(したくない)

 

果たして私は幸せなのか───自分を少し深掘りして、自分とは何か、幸せとは何か、よ~く考えてみたくなってきました。

己を掘り下げることから、創作は始まる。と、大学の授業で習ったような、習わなかったような。

掘り下げた結果を、ゆくゆくはひとつの作品にできればと思います。

ブログをブレインストーミングの場にして申し訳ない。しかし、このブログも創作の一環ということで。

 

とりあえず私はパッと見幸せだし、体感的にも表面上は幸せなんでいいんですけど、親不孝なのは間違いありませんね(笑)そこは本当に申し訳ないと思ってます。

実は、ひとり娘なんですよ。いやぁ、困ったもんだ。

でも、うちの両親(とくに母親)もだいぶ変わってるもんだから、「万が一無職になるようなことがあったら、家具家財をすべて売っ払って、世界放浪の旅に出ようと思う」と伝えたら、「いいじゃない、いってらっしゃい」って言われました。

まだかろうじて無職になってねぇよ(笑)

もしかしたら、親不孝でもないのかもしれない(笑)

 

それはともかく、今後もちょくちょく自分を掘り下げていくことがあるかもです。

タイトルは、なんとなく語呂がいいから「三十路のたしなみ」。

「たしなみ」とは、

1.このみ。また、趣味や余技。

2.芸事などに関する心得。このみ。

3.つつしみ。節度。

4.ふだんの心がけ。用意。

──『デジタル大辞泉

 「ふだんの心がけ」という意味で「三十路のたしなみ」としつつ、まあ、好みや芸事に関することも書けるから、案外ちょうどいいタイトルなのかもしれない。

そのまま、本の表紙になりそうでしょ??

 

さて、無事に作品まで昇華することができるのか!? こうご期待!!

申し訳ないんですが、本日の内容が薄~~~いのは、明後日までに終わらせなきゃいけない〆切が、まだ3本もあるからでーーーーす!!!

未来の作品より、目先の〆切。

無職になりたくないんで、気張ります。

www.yumeyamaguchi.com

【物書きの本棚】さようなら、積ん読【執筆のデスクから】

昨日、先方に送る参考資料のリストを作っていたんですけど、

だいたいこんな感じに仕上がりまして、

f:id:yumeyamaguchi:20190217230207j:plain

(※参考資料リストの一部なら、出してもOKなはず)

二重線より下は、まだ読んでおらず、これから読んで参考にする予定の書籍なんですね。

 

……いや、多くね!?

 

読了したものよりも多くね?? えっ、それぞれ結構な厚みがありますけども??

しかも、これは参考資料リストの一部。

ここに載せていないものにも、未読資料がそこそこあります。

 

読むの? これ全部?? これ全部???

ヤッバ、せっせと読んでいかないと。読み終わる前にシナリオが書き上がってしまう。

2日ほど時間を取って、一気に読みたいもんですね。

びゃ~~~~っと資料を読む方法については、以下の記事から。

blog.yumeyamaguchi.com

以前、積ん読が30冊ほどあると書きましたが、冷静に数えてみたら、たぶんこれ50冊以上あるんですよ。

急務で読む必要のある資料から読んでいくことにしましょう。

 

そういえば、部屋の空きスペースに広げた資料たちは、結局、

積ん読を減らす前に、本をリアルに積みました(本日のオチ)

横のものを縦にするのも億劫な面倒くさがり屋だからね。片づけないよね。(ひどい)

しばらくは、積ん読とさよならできそうにありません。本日のタイトルとは。

 

自分の恥をさらしてないで。

私、明日〆切1本、水曜日〆切3本なんですよ。資料と格闘するのは、そのあとです。

www.yumeyamaguchi.com

【執筆のデスクから?】食事を充実させる系クリエイターです

正直、仕事以外に楽しみがない山口です。

 

いや、趣味はいっぱいある(ドルオタ、ひとり旅、カメラ、散歩、美術鑑賞、読書、落語、お酒etc, etc)んですけど、どれもこれも、本気でやろうと思ったら時間が掛かるんですよね。

ひとり旅は言わずもがな、カメラ・散歩・美術鑑賞・落語もお出かけしないと楽しめないし、ドルオタもなんだかんだ言って時間を持ってかれる。

好きな歌を聴きながら原稿を書けるほど集中力がなく、録画した番組やライブDVDなんてもってのほか。

おかげで、ハードディスクの容量は残り2時間、観ていないライブDVD、CDの映像特典もたんまり残っています。どうしたもんか。

……とはいっても、新しく発売されるものは全部買う。なんたってオタクだから。

 

結果、短い時間で自分を満足させることができるのは、料理ということになります。

あるいはお酒なんですけど、お酒は1回飲むと酔いが醒めるまで作業ペースが落ちるんで、まあやっぱり美味しいご飯が唯一の癒しです。

今日なんて、とっても充実した食事を作ることができました。

f:id:yumeyamaguchi:20190216221616p:plain

お題「朝ごはん」

えっへへ。

朝はしっかり食べるタイプ。

野菜スープも、ゆで鶏のお出汁で作ったのです。コンソメ不使用。

キッシュは近所のパン屋さんで購入しました。サラダに載せたラスクも、同じパン屋さんで買ったものです。オリーブ味とチーズ味の2種類、贅沢だね。(

お題「ちょっとした贅沢」

グリーンスムージーまでおまけにつけちゃって。女子か。いや、女子だわ。

ちなみに、キッシュを載せたお皿は、前倒しで購入した3COINSのドラえもんグッズです。すっかり朝のパン用になりました。朝から気分がいいね!!

blog.yumeyamaguchi.com

 

最近、昼食は飛ばして1日2食のため、次は夕食。

f:id:yumeyamaguchi:20190216222606p:plain

朝は洋食、夜は和食。いいねぇ、一汁一菜とは言わないけど、バランスのいい食事(に見える)。

まあ、私はお味噌汁と春菊のおひたししか作ってないんですけど(笑)

鮭は冷凍、ひじきは母お手製のものを、やっぱり冷凍しといたヤツです。

30を過ぎてもなお、母親の手料理に頼っているという情けなさたるや。しかし、美味しいひじきには勝てない。美味しい。

お味噌汁はすり流し汁。大根おろしのお味噌汁で、そこに卵を落として好きな硬さになるまで火を通したもの。ネギと一味唐辛子があるとベストです。あら、か~んたん!!

 

さて、今日も1日美味しかった。

ここ1年ほど、食事には大変気を使っています。もう三十路なんで。

体のなかから健康にしていかなきゃ、コンスタントに執筆なんてできないのですよ。

美味しいものは、いいストレス発散になるし。

料理で心も体も健康に。

明日、何を食べて、どんな文章を書こうかな。

とりあえず、今夜はこれから資料の整理です。

www.yumeyamaguchi.com

【執筆のデスクから】『そも恋』第1話各サイトで配信開始!!

現在、めちゃコミックさんで独占先行配信中の漫画『そもそも恋は欲だらけ』が、

f:id:yumeyamaguchi:20181223172759j:plain

本日2月15日より、その他配信サイトさんでも第1話リリースとなりました!! めでたい!!

これまで「新しく会員登録するのがめんどいなぁ」とか思っていた、そこのあなた!! 各種サイトで購入することができるようになりましたよ!!

あらら?? これはもう読まないワケにはいかないんじゃございません??

 

ざっと検索した限り、『そも恋』を配信してくださっているのは、

https://www.amazon.co.jp/そもそも恋は欲だらけ-分冊版-%EF%BC%9A-1-アクションコミックス-ebook/dp/B07MV216PF

booklive.jp

sp.handycomic.jp

renta.papy.co.jp

www.ebookjapan.jp

www.sukima.me

bookstore.yahoo.co.jp

……こんな感じでしょうか?? 漏れがあったら申し訳ないです、本当にザッとしか検索してないので。

皆様、それぞれお気に入りの配信サイトで『そも恋』をお楽しみください!!

 

ちなみに、原作者はすでにAmazonさんで購入済みです(笑)

f:id:yumeyamaguchi:20190215215500p:image

私、光の速さで自分の作品に課金するタイプの物書きなんで(笑)

blog.yumeyamaguchi.com

おかしいよねぇ、全部ゲラのデータ持ってるのにねぇ。めちゃコミックさんでも持ってるのにねぇ……でも買うの(笑)仕方ないの、そういう性なの。

 

皆様、もしも『そも恋』を読んで下さったら、各サイトでレビューなんかを書いてくれたら嬉しいな♪♪

是非ともよろしくお願い申し上げます!!

 

現在、『そも恋』の作業はゲラ3話、本稿4話、ネーム5話、シナリオ7話といったような状況です。

あのね、みんなね、5話!!!

とりあえず、5話までは皆様に読んでいただきたい。

この前、第5話のネームを見て、「いいなぁ、素敵だなぁ」と、しみじみキュンキュンしたんですよ、原作者なのに(笑)

いや、これは完全に作画担当・茶緒先生のおかげです。

私が100%の力で書いたシナリオを、150%の魅力まで引き上げて下さった。本当に素晴らしい漫画家さんと、タッグを組ませていただいていると思います。

あんまりハードルを上げ過ぎても、「なぁんだ、がっかり」になるかもしれませんが、私はとても好きでした。

いい作品を書けたなぁって。まだ終わってないんだけど(笑)

 

めちゃコミックさんでは第2話、他配信サイトでは第1話ですが、皆様、今後とも末永く『そもそも恋は欲だらけ』をよろしくお願い申し上げます!!

www.yumeyamaguchi.com

【執筆のデスクから】そこに図書館があるじゃないか!!

先方に提出する参考資料リストを作らなきゃならない山口です。どうも。

 

小説を書くにせよ、ゲームを書くにせよ、書籍のライティングをするにせよ、ライターにとって、資料を集めるのは重要なことです。

資料がいっぱい必要だった執筆といえば、世界遺産を紹介する本なんかも書いた経験があるんですよ。(お仕事については以下を参照してください)

www.yumeyamaguchi.com

WORKSには掲載していませんが、歴史、心理学、ハーブ、都市伝説、漫画の解説本……などなど、これでもいろんな書籍の執筆に携わっているんです。

ゲームもなんだかんだいって資料が必要になるからね。

行ったこともなく、行く予定もない海外旅行向けのガイドブックが、我が家にはいっぱいあります。いつか出たいなぁ、世界放浪の旅。

 

まず、調べたいことがあったらネットを使いますが、それは初歩の初歩、「どんな本を探したらいいのかすら分からない」状態を「こんな本を探せばいい」へ、道筋をつける程度にしています。

ネットの情報は膨大だし、必ずしも正しいとは限らないからね。

こう……会話のネタで使うくらいならネットでも十分だとは思いますが、さすがに書籍で間違ったことは書けないんで。

私が間違ったことを書いてしまうと、その書籍を資料として、さらに間違った書籍がこの世に生まれてしまうかもしれないじゃないですか。責任が重い。

 

じゃあ、ネットの情報⇒書籍へたどり着くためにどうするか。

たとえば、「大正時代、建物」で検索してみましょう。

すると、当時有名な建築家のひとりに、ジョサイア・コンドルという人がいたことを知るワケです。

旧岩崎邸や、旧古河邸を建築した人物ですね。

これが、次のステップへ続くキーとなります。

ちなみに、去年訪れた旧岩崎邸については、ちょろっと一昨日の記事に書きました。

blog.yumeyamaguchi.com

そこで、今度は「ジョサイア・コンドル、本」で検索をかけます。

すると、どうでしょう!!

ジョサイア・コンドルに関する本が、Amazonなどの通販サイトでずら~ッと並ぶんですよ。

f:id:yumeyamaguchi:20190214225153p:image

んんんッ、高ッ!!!

2万越えと4万越えかぁ~……それは貧乏ライターのギャラでは購入できない書籍ですね……。

 

そういう時は、図書館だ!!!

しかし、手あたり次第に図書館へ行ってもしょうがないから、今度は「カーリル・ローカル」の出番です。

calil.jp

これは私がよく利用している東京版。

読みたい本のタイトルや作家を入力すると、都内のどの図書館に資料があるのか、リストにして教えてくれるのです。

各県・全国版もありますよ。

ここではとりあえず、買えば2万円超えの『鹿鳴館を創った男』を調べてみましょう。

f:id:yumeyamaguchi:20190214230142p:image

やった~!! 都内なら38館で借りられますよ!!

買えば2万円超えが、図書館なら無料で借りられるのです!!

 

さらに、1番上に表示された葛飾区をクリックし、「予約・詳細情報」へ進んでみましょう。

f:id:yumeyamaguchi:20190214230148p:image

すると、葛飾区の「どの図書館」に目的の本があるのか、も丁寧に教えてくれます。

フォローが完璧ですね、惚れちゃうかもしれません。

f:id:yumeyamaguchi:20190214230156p:image

結果、『鹿鳴館を創った男』は、葛飾区の「お花茶」と「上小松」という図書館にあるそうです。

これが自宅近くの図書館なら足を運ぶもよし、あまりに遠い場合は、近所の図書館に取り寄せてもらうもよし。

図書館さんもアフターフォロー完璧だよね。同じ区内なら、別の図書館で借りた本も返却できるんだよ?? やっぱり惚れてしまいそうです。

 

この方法で、私は結構な資料を図書館からお借りしました。ありがたや。

図書館に足向けて寝られないけど、図書館さんはおそらく全方位にあるから足向けて寝てると思います、ごめんなさい。

 

いいよ、図書館。便利だよ。

仕事や勉強の資料探しに、こんないい場所はありません。

優しくてアフターフォローも完璧、知識も豊富な図書館さん……人間だったら付き合いたい……明日起きたら、近所の図書館が人間になってないだろか。

……くらないこと言ってないで。

あっ、図書館さんへお取り寄せを頼む際は、「本のタイトル」「作家名」「ISBN番号(バーコード近くに書いてある数字)」を控えてから行くと、話が早く進みますよ!!

これは、元書店員バイトからの豆知識でした!!

www.yumeyamaguchi.com

【ひとり旅備忘録】明治・大正期の建物を巡る記録②【執筆のデスクから】

ゲームシナリオの〆切、間に合ったよ!!!

 

今週の〆切事情については、こちらから。

blog.yumeyamaguchi.com

……途中3回くらい「これは〆切を落とすのでは???」と不安になりましたが、無事入稿することができました。

しかも、私個人の手ごたえとしては、かなりグッとくるシナリオが書けたと思います。

うん、まあ本当に個人の手ごたえですが。

ユーザーの皆様には、楽しんでいただければ幸いですね!!

 

明日から、ゲームシナリオとゲームシナリオと『そも恋』の第7話に向かって全力前進することができそうです!! 頑張ろう、明日からも。

漫画もゲームも過去の作品も、まるっとまとめてよろしくお願いします!!

www.yumeyamaguchi.com

 

……っていうか、今日もまだやんなきゃいけないことが残ってるんですよね。

昨日、ちょろっと書いた写真の整理。

blog.yumeyamaguchi.com

まだ終わってないんですねぇ、終わってないんです。

ダブッている写真を消したり、ブレている写真を消したり、ブレている写真を消したり、ブレている写真を(以下略)

基本的に1泊2日のひとり旅の道中、限られた時間でワアッと撮影してジャアッと移動するせいで、だいぶ写真がブレています(笑)

昨日は選別だけで終わってしまいました。

 

でも、楽しいですね。旅の記録を見返すのは。

取材を名目に旅へ出ているため、どうしても似たような写真が多くなってしまいますが、写真を見ると、いつどこを旅したものか、一瞬で思い出せるんですよ。

いいね、なんだかとっても幸せになれる。愛しい記録。愛しい記憶。

 

そして、昨日も言ったけど、明治・大正期の建物は、洋館・和建築どちらも非常に凝っていて眼福なんですね。

f:id:yumeyamaguchi:20190213231623j:plain

んんんっ、可愛い!!!

これ室内のランプですよ!? 室内にこんな可愛いランプ設置する発想が100年前にあったんですよ?? 最高じゃないですか??

 

ほかにも、

f:id:yumeyamaguchi:20190213232002j:plain

f:id:yumeyamaguchi:20190213232102j:plain

f:id:yumeyamaguchi:20190213232202j:plain

んあああ、窓もタイルも障子も可愛い!!!(※ひとつの建物ではありません)

まさに贅の限り。金持ちの道楽。

ただ暮らしていく分には、装飾なんてそもそも必要ないワケですから、本当に自己満足の世界なんですよね。だが、そこがいい。

まあ、当時としては、一部の金持ちが財力をもって土地を広げまくり、庶民の住む場所がどんどん奪われた結果、ものすごい反感を買ったそうですが……。

日本、島国だからね。土地少ないもんね。

 

……さて、早く写真まとめて先方に送らないと。

読み込んだ資料のリストも作らなきゃいけないんですよ。これまた結構な量があります、2年分。

いいですね、話がじゃんじゃん進んでおります。

告知は春先!! リリースは秋頃予定です!!

皆様、楽しみに待っていてくださいね!!

www.yumeyamaguchi.com